つれづれと

雑食おたくが綴る感想やら独り言やら写真やら。

『ラブ米』という愉快コンテンツがおいしすぎて米っちゃうって話を聞いてくださ稲

live.nicovideo.jp

 

とりあえずニコ生のURLを置いておいて、さてさて、いまから米の話をします。

 

突然ですが、最近、こんなきもちになったことはありませんか?

 

・とりあえず元気になりたい

・心の底から泣くほど笑いたい

・お米をたくさん食べたい

 

そんなあなたにぴったりのおすすめコンテンツがあります!!!!!それがこちら!!!!!!

 

f:id:ksrh16:20180506191825j:plain

 

http://love-kome.com/ アニメサイト

http://love-kome-stage.com/ 舞台サイト

 

 

これはそんな『ラブ米』の感想兼紹介記事です。ネタバレたくさんなのでご注意くださ稲!

 

 

 

1.『ラブ米』とは

「お米の擬人化」をテーマにしたアニメ作品、また、同作の舞台作品。アニメは現在二期まで、舞台は2作+イベントが開催されている人気作品。

 

  • アニメ一期

舞台は「穀立稲穂学園」。お米が通う学校だが、昨今のお米人気の低迷を受け、入学者は激減。そのため、主人公の「ひのひかり」が入学したタイミングで、まさかの「廃校」が校長から告げられる。しかしそこで簡単にあきらめたくないひのひかりは、仲間のお米を集め、アイドルグループ「ラブライス」を結成。お米人気を取り戻すべく穀物の祭典「新嘗祭」にて優勝を目指す!

 

  • 舞台初演

新嘗祭」にて見事優勝したひのひかりたち「ラブライス」は次のライブに向けて日々特訓を重ねる。そんな中、現れるライバルユニット「ST☆RICE」と「GAZEN BOYS」の二組に圧倒されるひのひかりたち。ライバル同士の戦いが始まるかと思いきや、突如稲穂学園に「イナゴの大群」が襲い掛かる…!天敵イナゴへ立ち向かい、学園を守りきれお米たち!

 

「ラブライス」の活躍によりお米人気も上昇の気配を見せ、何もかも順調…と思った矢先に、突然「穀物留学生」である麺が空から襲来、また穀物すべてを消し去ることを目的としたノンカーボダイエットが彼らを襲う…!そしてリーダー、ひのひかりは連作障害により倒れてしまい…果たしてラブライスたちはこの未曽有の危機を乗り越えることはできるのか!?

 

  • 舞台イベント・米フェス

お米によるお米の祭典「米フェス」にて、ラブライスの前身ユニット「Blend Mine」が復活したり、「ST☆RICE」たちがアフリカに行ったり何だリしている中、「GAZEN BOYS」のメンバーである「紫楊貴」が米イジージャーニーになるべく米国、つまりアメリカに行きブルーベリーからポリフェノールの一種であるアントシアニンを学ぶと宣言、別れを惜しみながらもみんなで紫楊貴を見送るのだった…。

 

  • 舞台二作目

ブライスに「パリ米」への出演依頼が来る中、メンバーの「あきたこまち」がラブライスからの卒業を宣言。動揺するメンバーたちの元に、空からスーパーフードの「フリーカ」がやってくる。圧倒的な力を見せつけ「米文化を制圧する」と宣言したフリーカ。そんなフリーカに「洗農」されてしまった「GAZEN BOYS」のメンバー…大ピンチが続く中、力を合わせてフリーカに立ち向かえ稲穂学園!

 

 

あの、ストーリーはだいたいわかんなくていいです。ちゃんと見ててもわりとわかんないとこあるんで…。とりあえず、米のいいとこは、これだけ字面で見ても「???」ってなるんだけど、実際にアニメとか舞台とかを見ると「あー、なるほどね!そうだよね!おにぎりってやっぱすごいよね~!」ってなるところだとおもう。すごいの。謎の説得力があるの。

 

 

 

2.ラブ米のおすすめポイント

 

◆用語がとにかくおもしろい

これ、うまいこと表現できないんですけどとりあえず「米」に絡めた用語にこだわる徹底っぷり。とりあえず好きなワード羅列しておきます。

 

・否!…稲!(舞台でめちゃ多用されてた)

・やっほ~!…稲っ穂~!

・ひえ~!…稗~!

・コメント…米ント

・参ったね…米ったね

・抜かりない…糠りない

・ドンマイ…ドン米

・○○してくださいね…○○してくださ稲!(これよく公式ツイッターが言ってる。すき。)

・抱いて…炊いて

・構わない…釜わない

・心配ない…新米ない

・よろしくお願いします…よろしくオムハヤシライス

・洗脳…洗農

・Do you know?…Do you 農?

・邁進…米進

・ベイマイベイベー…米米米米

 

 

言葉遊び、というかギャグが好きなのでこういうのにほんっと弱くて…もうずっと聞いていられる…しかもシリアスシーンとかでも不意打ちでこういうワードの応酬が来るんで、特に舞台だとわりかし本気でお話に入り込んでいても急に噴き出してしまうんですよほんと急に…その緩急の付け方も、絶妙でほんと~~~~~~にだいすきで…だいすきです…。この緩急、一度はまるとほんと癖になってしまう。そして日常会話にも米ワードを潜り込ませようとしてしまう。

あと細かいところを挙げるなら、アニメはほんとにさらっとこのワードを入れてくるんで、えっ?いまなんて?って耳に引っかかるようになってて、そしてアニメなのでそういうとき巻き戻せる可能性があるわけで、舞台はそれが効かないからこういうワードを入れるときは敢えてうしろのスクリーンにどーん!と字幕を入れて笑わせてくるんで、ワードの方向性がちょっと違うのがおもしろいですね。アニメは音重視だけど、舞台は見た目に力入れているというか。舞台での「洗農」とかまさにそれで、スクリーンにでっかく「洗農」!ってどどーんって出たとき、会場が一瞬静まり返ってから、脳味噌の中でみんなが咀嚼して、からのざわざわと笑いが起きるあの後から効いてくる毒みたいなかんじ、めっちゃすきでした。舞台は基本字幕芸してくるからずるい。

 

 

◆清々しいほどのパロディの嵐

 

そもそも、この『ラブ米』の導入部分「学校が廃校になるのでそれを阻止するためにアイドル活動をする」というのは、まんま『ラブライブ!』であるというのに、このユニット名が「ラブライス」な時点でもうすげ~コンテンツだな!と思います。そして舞台オリジナルキャラの「ST☆RICE」のご本家なんて、もう…名前を出すのすら恐ろしいコンテンツじゃないですか…そういう、強気なところ、めっちゃすきです(舞台のアフタートークでゲストさんが間違えて本家の名前呼んだときに「ST☆RICE」のメンバーがめちゃめちゃ焦って「いまのだめだから!まじでだめだから!」って言ってたの笑いました。駄目だという自覚はある)。

アニメ版一期のライバルチームである「イーストキング」はあんぱん、食パン、カレーパンの三人組で、愛と勇気がどうこうとか言い始めるし「ジャマおじさん」なる人が出てくるし、アニメはそれだけでなくいろ~~~んなところのパロディが詰まってて面白かったです。「米の名は。」とか。

 

舞台二作目はもうまるっと終始『ドラゴンボール』だったのもめっちゃおもしろかったです…敵は高飛車で敬語を使う戦闘力の高い「フリーカ」。そんなフリーカを倒すためにオレンジに光る七つの「ドラゴンライス」を集め、神米(シェンマイ)を呼び出す…という…。どっかで見たことある~う。

 

 

◆米について詳しくなり、米のことを好きになる

 

『ラブ米』を見たことで、お米に断然詳しくなりました。お米の品種の名前はもちろん、お米の歴史、お米の特色、育て方、おいしい食べ方、栄養について…などなど…。特に陸稲(田んぼではなく陸で育てられる稲のこと。わたしの推しも陸稲です)についてはすっごい勉強になったし、陸稲のこと好きになりました。陸稲が好きですってすごい意味わからんけど陸稲のこと好きになるんだよ!ほんとに!

 

さらに舞台版の物販では米公演(まいこうえん)ちゃんと「おにぎり」が売っており、そのおにぎりは米公演(まいこうえん)ちがうお米の品種でつくられていたので食べ比べができたんですよ~~~!!!ひとめぼれはこういう味、にこまるはこういう味…こっちは塩むすびが好きだけど、ああこいつはたらことも合うなあ、みたいな…ほんと、これって、擬人化作品の理想の姿というか、すごいいいことだと思うんですよね!擬人化作品により元々のコンテンツの良さを広めるってすごく理想だし、それが「米」ならおいしく食べてもらうことが一番じゃないですか~~~。ここらへんがほんとよくできてるなあ、とおもう。しかも劇場では物販のおにぎりのみは飲食可能だったので、女子たちが劇場の椅子に座って開演前におにぎりを頬張っている様子、ほんと意味わからんかったけどほんとに最高のコンテンツだなと思いましたほんと…。

ちなみにこのおにぎり、アフターイベントで「みんなでいっしょにおにぎりを食べよう!」みたいな企画もあって、終演後、役者さんたちと一緒にいただきます、しておにぎりを一緒に食べる謎イベも開催されてました。そんでまたおにぎりが売り切れるんすよ…おにぎり枯れたってなんやねん、ってかんじだけどおにぎりが枯れる世界。

 

 

◆ハーベストショーという概念

 

アイドルユニットがたくさん乱立する作中にて大切になるのが「ハーベストショー」という…なんだろう、ライブ?みたいなもの。このハーベストショーでいかに自分たちの世界観を表現するか、そして見ている人たちをいかに自分たちの世界に引きずり込めるかが、いい穀物であるかどうかの基準となるのです。そして、そんなハーベストショーをする穀物のことを「ハーベスター」と呼び、ひのひかりたちは日々そのハーベスターになるために米進(まいしん)している…というわけで。

 

この、ハーベストショーが、アニメも舞台もおもしろい!

 

アニメの場合はハーベストショーが行われるとキャラソンが流れ、そのショーをイメージした風景が広がる…たとえば崖をよじ登るショーだったり、米が彗星になったり、お料理教室が始まったり…あのほんとここらへん深く考えなくていいんですけどほんと、なんか…そういう概念なんで…。プリパラをご存知の方はあれのメイキングドラマみたいな感じとおもってもらえれば…突然始まって突然終わる、いまのなんだったん?まあかわいいからええけど…みたいな…。そしてアニメだとハーベストショーのあとにあたり一面稲穂の波になるのがとってもきれいです。

 

舞台の場合はハーベストショーがそのままライブになるので見応えがすごい~!ひとつのユニットごとにそれぞれの持ち歌があり、それをステージの上で披露する。それだけでもう、説得力がある。すげえハーベストショーかどうかは見ている自分が判断するし、心を持っていかれるかどうかも見ている自分自身が肌で感じる。ハーベストショーを使って敵と戦ったりするんですけど、それが持つ力、重み、熱さみたいのが直に感じられるのがめ~~~~っちゃいい、だいすき。ちなみにハーベストショーは最後にまとめて「感謝祭」としてやってくれるんですけど、そのときはうちわやペンライト持ってOKだから楽しんでね!ちなみにペンライトはおしゃもじの形をしているぜ!

 

 

3.RICE on STAGE「ラブ米」がだいすきって話

 

アニメももちろんだいすきで、いまだに見返してはイーーーーストキング~~~~~~~~~;;;;ってしてるんですけど(二期作のパンたちマジでイケ麺じゃない?パンなのに)、つい先日舞台の二作目が終了したばかりなのでそっちの話を重点的にしてみます!

 

舞台は、とにかく、すごい、なんか、すごい…自分の目で見てほしい…すごいの…。

 

人並みにはいろんな舞台を見てきたつもりだったのですが、お芝居を見ながらあんなに泣くほど笑ったのはこの『ラブ米』が初めてで。もうぼろっぼろ泣いて。ずっと笑い続けて。すげー作品だな…っておもいながらチケット増やして…みたいな日々だったんですけど、ほんと、意味もわからずずっと笑えるんですよ。ずっと。延々と笑える。

 

それは前述した米関連のワード芸、そして字幕芸だったり、それからたのしいハーベストショーだったり、トカゲの存在感だったり、いろいろあるんですけど、わたしがすきだったのは「緩急」と「テンポ」でした。

さっきの米ワードのところでもちらっと触れたんですけどシリアスシーンでも米関連のギャグをぶちこんでくるその緩急のつけ方、けれど決して流れをぶち壊さずにとんとんと話を進めるそのパワー。あとは謎の「間」を多くとっているところとか、あと台詞まわし。だれかの発言を全員で復唱するところとかもすっごいすきでした。しつこいほどにおんなじことを繰り返す。でも連作障害は起こさない。ずっとたのしい。濃い味付けがお米に合う。ずっとずっとたのしい。すごいの。一歩間違えば痛々しく寒くなってしまう演出が、絶妙なバランスで「おもしろさ」に昇華されている。すごいの。すごいしか言えないし、これは見た人にしか伝わらないところもあるとおもうので、とりあえず、ニコ生もしくは円盤を見てほしい…。

 

だって、空から炊飯器がゆっくり下りてくるのをじっと見つめ、その中から取り出したけっこう大きめのおにぎりを主役がぜんぶ食べきるまで全員無言で待機した経験あります?全身タイツを着込んだトカゲが舞台をゆっくり這いずりまわる様子を数分間じいっと見つめなければいけなかったこといままでの人生であります?

 

あとは舞台オリジナルキャラもみ~んなかわいい。「ST☆RICE」に推し米がいて、しかし推しユニットは「GAZEN BOYS」という面倒なオタクしてるんですけど、どっちのオリジナルユニットもかわいい。ほんとにかわいくていとおしい。そしてこちらもまたオリジナルの「合鴨ブラザーズ」も、彼らなくして舞台は成り立たないな~!としみじみしてしまうインパクトの強さ。ほんと、どこを見ても魅力的なキャラばかりで。キャラ立ちがしすぎている…。

 

それと、ハーベストショーのくだりのところでも少し触れたのですが、舞台版だとその場で歌って踊ってのライブが始まるんですけど、その楽曲がどれも素晴らしい。たとえば、主人公たちラブライスの楽曲「愛をコメて」の歌詞がわたしすごく好きなので、ご紹介しますと

 

燻っていたのさ 弱火のままで

吹きこぼれてたのに 見ないふりして

米(マイ)feeling 米(マイ)feeling

米フレンドが 米ントくれたよ

「みんなに、思いの炊け(丈)を伝えるんだ!」

焦げ付く前に 駆け米ランナウェイ

 

 

これがAメロ。思いの炊けは字幕見るまで気づきませんでしたわ…。

そしてだいすきなサビがこちら。

 

肥沃な大地ラブライス 耕した稲ラブライス

田園調布に家が建つぜ 男なら建てよう

今立ち上がれ イエイ!

 

 

文字起こししたら想定以上にやっぱりだいすきでひとりでひいひい笑ってます。だいすきですこの曲が。この曲歌いながらアイドル全開で踊るラブライス、いとしいですし、本気でアイドルしてるのでほんとにかっこいいしかわいいんですよね…そうだよね、田園調布に家、建てような!ってきもちになるの…いやならないか…。

 

舞台版の楽曲の歌詞はだいたいこんなかんじで、とってもたのしい。そして日本語っておもしろいなあって実感する。たとえばGAZENの楽曲の中で「憂いの芽は綺麗に摘み取り 希望の種籾植えていこう」という歌詞があるのですが、ふつうの曲でもありそうじゃないですか、比喩表現として。でもこいつら本気で田植えの話してるんだよなこれ…ってなる。だから改めて、日本語って比喩として植物とか、食べ物とかを話題に出すことはふつうにあって、だからこそそれが歌詞に入れこまれても不思議とそこまで違和感がない。いや、田園調布は「ちょっと待って?」とはなるんですけど。

二作目に出てきた「Flower of rice」もだいすきです。稲の花って雌雄同化なんだって~!という謎の豆知識を得られるいい楽曲。ほんとこの作品、小学校の社会科の授業とかで放映してくれないかな~。

 

それから2.5舞台らしく、アニメ準拠なところも当たり前にすきです。イーストキングは舞台には登場はしないけれど名前は出てくるし、アニメの一期作二期作のネタをさらりと入れてきて、時系列アニメ準拠なところ、あ!そうだったこれ2.5舞台だった!ってはっとしてしまうかんじ。アニメ見てから舞台見るとめっちゃたのしい。そのネタ入れてくる~!?みたいな…麺ディペンデンスデイとか…結婚式ネタもありがとうで…。

 

そしてもうひとつ舞台で好きなところが、カーテンコールのさいごにお客さんみんなで手を合わせて「ごちそうさまでした」と言うところ。そして演者さんたちが笑顔で「おそまつさまでした!」と言ってくれるところ。だいだいだいだいすきです。お米をおいしく食べたという実感が湧いてくる素晴らしい締め。みんなが笑顔になれるとんでもなくすばらしいラスト。

 

二作目の千秋楽でひのひかり役の田村さんが「この作品は見ている人をみんな笑顔にする魔法みたいな作品」って話していたんですけれどまさにその通りだなあとおもって。見ていると意味もわからず笑えてくる。笑顔になる。元気が出る。たのしくなる。なんか知らないけど世界がきらきらして見える。米の持つ力、エンタメの持つ力を浴びて、なんかわからんけど生きる力が湧いてくる。たのしくなる!すごいんですよ、ほんと魔法みたいにふっくらつやつや炊かれるんですよ…わたしは米がだいすきなんですよ…。

 

 

4.まとめ

 

『ラブ米』は近年稀に見るドチャ良コンテンツなのでぜひ履修しといてください。

 

もちろん愉快さも突き抜けてて最高なんですけど、わたしはアニメや舞台のあらすじ、脚本がだいすきで。アニメも舞台も一貫して「食を尊重し、楽しむ」「手を取り合うことで生まれる強さ」「他人と違うところを否定するのではなく、認め合う心の大切さ」などを謳っていて、それがね、めっちゃ良くて…。生きていくのに大切にしたいこと、忘れたくないことがたっくさん詰まっている。いつか自分に子供が産まれたら、教育のために見せたい作品だなあって思うのです。ふざけ倒しているんだけれど、どれもそこがぶれない。それぞれのお米、そしてそれぞれの穀物にそれぞれの良さがある。それを力で押し潰すのではなく、また、無理に相手に同調するのでもなく、それぞれの個性を認め合い、個々が個々でありながらも手を取り合う。特に舞台二作目はそのメッセージが前面に現れていてすっごいだいすきな作品でした。たぶん『ラブ米』が世界を平和にするんだと思う。

 

 

さて!!!そんな最高コンテンツ『ラブ米』の舞台版の一作目、二作目、そしてイベントの模様が、ニコ生で配信されます~~~~!!!!!!!!!!!いいから見てくれ。よろしくおねがいします。数週間前に上演された最新作がもう見られちゃうんだよ!?すごない!?すごい!!!!!すご稲!!!!!!!!

 

live.nicovideo.jp

 

ちなみにわたしの推し米は「ST☆RICE」のキヨハタモチくんです!!!!!!!!オレンジ色の髪の毛をしたぴょいぴょい元気に笑顔で跳ねまわる無茶苦茶にかわいいガヤ芸人です!!!!!!!!よくよく画面を見てると隅っこでこそこそ意味わからんことばっかりしてるんで、いやお前なにしてんねんとツッコミ入れてやってくださ稲!!!!!!!よろしくオムハヤシライス!!!!!!!!!!!!