つれづれと

雑食おたくが綴る感想やら独り言やら写真やら。

【雑記】カレーとわたしの愛の話

●はじめに

わたしはカレーがすきです。

1日3食全てカレーでもかまわないくらいには好きです。週に5日くらいカレーを食べていてもかまわないくらいには好きです。ていうか実際にやってます。なぜかカレーがすきです。とてもすきです。
ごはんで食べるのもすきです。ナンもすきです。さいきんカレーが中に入っているシリーズ(カレーパンとか、カレー大判焼きとか)にもハマってます。
家で食べるカレーもおいしいですが、外で食べるカレーもおいしいです。晴れの日のカレーもおいしいですが、雨の日のカレーもわびさびを感じます。

そんなわたしの奇行を知っているフォロワーさん方数名から「かんざきさんカレーについてのブログは書かないんですか?」と尋ねられました。それも同時期にいろんな方面のフォロワーさんから尋ねられました。これはもう書けっていう神様からのお告げってことだな!と思って、いまキーボードをがたがた叩いております。

しかし一点注意していただきたいのですが、わたしはカレーが好きですがカレーについてまったく詳しくはありません!専門的なことはなにも言えないです。ただ好きなことを書くだけです。ご了承くださいませ。


●カレー英才教育
そもそもどうして自分はカレーがすきなのだろう?と、根本的なことに立ち返ってみることにしました。愛に理由はいりませんが、敢えて理由を探してみます。

皆さんは人生の初カレーって覚えていますか?いったいどこで、だれと、どんなときに食べたんでしょうか。おうちでしょうか、それともレストランでしょうか。給食?キャンプでなんて人もいるかもしれません。
わたしは…わたしは正直、覚えていないです。いちばん古いカレーの記憶は、幼稚園のときにお泊まり保育で出たカレー。甘ったるくて、なんかすごい黄色だったのはすごい覚えています。
しかしこのときわたしは別段カレーだいすき!カレーのために生きる!などという気持ちは一切持ち合わせていませんでした。夕飯がカレー?そんなことよりお泊まり保育でのみんなのパジャマに夢中でした。いや、隣の子のパジャマが光るんだよ。部屋の電気消したらクラスメイトのパジャマが光るの。すごない?大興奮だったから、カレーどころじゃなかったから正直。

じゃあいったいいつからカレーを愛するように…そんな疑問を解決してくれる魔法の言葉があります。

「毎週火曜はカレーの日

そんなピンドラのりんごちゃん*1みたいな!的な感想を覚えるわけですけど、りんごちゃんよりもヤバイやつです。あっちは月イチだったけどこっちは週イチだ。毎週だ。毎週火曜は、我が家のカレーの日でした。我が家でいつからこの制度が導入されたのかもうよく覚えていないのですが、少なくとも小学4年生~中学3年生あたりまではずっとそうだったと思うので、単純計算しても5年間は「毎週火曜はカレーの日」を味わっていました。スパイシーな日々でした。
毎週毎週、火曜にカレーが出る。ついでに言うと我が家のカレーは大量に生産されることでおなじみですので、一気に20人前くらい煮込まれるんですよね。そうすると必然的に、翌日に持ち越されるんですよね。まあ、カレーは二日目もまた美味しいんで問題ないんですけどね、しかしそうなってくると、「毎週火曜はカレーの日」どころでなく「毎週水曜もカレーの日」となるわけです。週2でカレーが毎週続く。ひどいときはさらに翌日にも余る。そういうときはうどんをぶち込んで煮込みます。「毎週木曜はカレーうどんの日」が完成です。

でもね~、飽きないんだなあ。

飽きないってことはすきってことだったんだろうなあと今になっては思います。当時はそれが当然すぎて、日常の一部すぎて、カレーをすきかきらいかなんて考えたこともなかった。カレーは毎週出会うもので、カレーは生活に組み込まれているもので、カレーを見ると、あ、きょう火曜か、って思ったし、てことはテレビはあれがやる日だな~とか思ってたし、カレーはそのくらい自分のすぐそばに常にいたので、すきとかきらいとかじゃなかった。当時は。でもやっぱり、いま振り返ってみると、すきに決まってんだよなそんなん、っておもいます。きらいなものを毎週食べられるわけがないよ。

というわけで、カレー英才教育によって、魂にカレーを刻み込まれた人間が誕生したわけなのでした。


●カスバ・フードコートとの出会い
カレー英才教育によってカレーを魂に刻み込まれたマン(この表現気に入った)となったわたしですが、ほんとうに無意識で日々カレーを食べていたので、すき!と思ったことすらありませんでした。違和感を覚えてたことはなかったんですが、いま冷静になって考えれば、冷蔵庫の中に常にナンがある家ってそんなにないんじゃないか…?

ま、そんなことを言っていても、倦怠期ってのは必ず来るわけで。わたしの場合は倦怠期っていうかなんとなく自然消滅的に「毎週火曜はカレーの日」がなくなったことが大きかったです。なんでかふわっとなくなったんですよね~、やっぱり、成長するってこういうことなんだろうなあと当時ぼんやりと思った気がする。
そしていざカレーとの接点がなくなると、別にカレーを求めるわけでもなくなりました。あって当然だったわけだけれど、あまりに生活に近すぎたためになくなってもそこまでダメージがあるわけではなかった。けど、同時に、「カレー」といえば「我が家のカレー」という印象が強すぎて、外でカレーを食べることもなかったんです。ふしぎ。
というわけで、カレー倦怠期ならぬカレー総スルー期が訪れました。カレーに対して何の感情も抱かない時期。無の時期。

しかし、そんなときに、出会ったんです。カスバ・フードコートに。

【カスバ・フードコートとは】
東京ディズニーシーにあるカレー店。『アラジン』に登場するジーニーが作り出したアラビアンコーストというエリア内にあり、空飛ぶじゅうたんが王国中から集めてきたカリーを販売している。広い店内はじゅうたんが飛び、サルタン王のコレクションが飾られていたり、町の人々の生活が垣間見える部屋があったりと多種多様なつくりとなっている。取扱いメニューはナン・ライス付きのカリー(チキン、ビーフ、シュリンプの3種)や、タンドリーチキン、ラッシーなど。

はい!勝手に解説しましたが詳しくは公式サイトを見てくださいね。たのしいお話がいっぱい(そうでもない)書いてあるよ。

というわけで、わたしはこんなカスバ・フードコート(以下カスバ)に出会いました。元々ディズニーランドやシーがすきだったのですが、その中でも特にシーの中のアラビアンコーストというエリアが昔からだいすきでして。なにがすきかと問われると、景色だったり、流れている音楽だったり、アトラクションだったり、キャラクターだったり、いろんな要因があるのですが、それに加え、カレーの香り、というアラビアンコースト独特の魅力がたまらなかったりします。行ったことがある方はご存知かと思いますが、ほんとにね、えげつないカレーの香りがするんですよ、うわっカレーだ…カレーの街だここは…ってなるんすよ…。
そんなね、アラビアンコーストのね、カレーの香りに誘われて、初めてカスバでカリーを食べた日のことは、わたし、とってもよく覚えています。カリーだった。まごうことなきカリーだった。いや、あの、本格的なカレー屋さんに比べたらぜんっぜんなんだろうけど、でも当時のわたしは感動した、まずなんていうか、「お金を払ってカレーを食べる」ということ自体に感動した。そして、お金を払って食べるカレーがこんなにおいしいものかと、噛みしめた。たぶんディズニーシーという環境とか、カスバ店内の雰囲気とか、そういうのも作用して、最高に最高のカリーをその日、食べたんですよね。

こうしてわたしは「自分ってもしかしてカレーがすきなのでは…?」と気づいたのでした。遅くない?

いまではすっかりカスバの常連(???)と化したわたくしは、アラビアンコーストに行くたびに呼吸のようにカリーを食しています。さいきんやっとシュリンプカリーが食べられるようになりまして*2、やっとカスバに認められた感があってうれしいです。ラッシーもすきです。おしるこもすきです。あ~、カスバ行きたくなってきたな。


●最終的に行きついたところ
一度「もしかしてカレーのことすきなのでは…?」と気づいたあとは、転がり落ちるようにカレーに恋をしていきました。

で、最終的に、近所のカレー屋で働き始めました。

ほんっとこの話このブログで初めてするんですけど、わたしカレー屋で働いてたんですよ!!!過去形なのでいまはもう働いてはいないですしそんなに長いことやっていたわけでもないんですけど、とりあえず一時期はカレー屋でカレーを売る仕事をしていました。
たのしかったです。正直たのしかったです。働くこと自体そんなに好んでいないので超楽しい~!一生カレー売り続けたい~!とは1ミリも思いませんでしたが、でも振り返ってみればそれなりにたのしかったしなにより毎日カレーに触れられるっていうのがさいこうな生活だったなとおもいました。店に入るともう、カレーの香りがぶわ~~~って襲ってくるんですよね。しあわせか!?
そしてカレー屋で働いているとたいていみんなカレーはもういい…見たくない…ってなるらしいんですが、ていうか周囲はそういうひとが多かったんですが、わたしは真逆でした。もう、働けば働くほどカレーが愛おしくなるし恋しくなる。カレーが食べたくてしかたなくなる。結果、仕事を終え上がったあとに自腹でカレーを注文し食す…ということを繰り返していました。日々カレー。寝ても覚めてもカレーとはまさにこのことである。

だって、お客さんみんなたのしそうなんですもん!カレーがハッピーを生み出してるんですもん!そんなの、見てるこっちもハッピーでしょ!?
わたしが働いていたカレー屋はほんとうにカレー専門店的なお店だったので、カレー以外のメニューはほとんどなくて、ということはこの店にわざわざやってきてくれるお客さんってカレーが食べたくてやってくるひとが大半なんですよね。カレーのために、店に来てくれてるんですよね。その事実がもうすでに、うれしい。そして、たいていのひとがカレーを注文してくれる。いや当然なんだけど。そんでもって、そのひとたちがそろってカレーを食べてくれる。ある人はたのしそうに友達と談笑しながら、ある人は黙々と、ある人はからいものが得意じゃないのか少し顔をしかめながら。みんなカレーを食べているのに多種多様な顔をしていて、でもみんなカレーを食べている。店の中はカレーが支配していて、カレーによって世界が作られていて、カレーがみんなをしあわせにしている。宇宙、そう、宇宙空間だった。わたし宇宙で働いてたんですよ~~~~~~~~~!!!!!!そう考えるとすごくない~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!???????????

お客さんが、ごちそうさまでしたって笑顔でかけてくれる言葉がだいすきでした。毎日カレーを触っていると爪が黄色くなる気がするんですけど(笑)、それすらいまはちょっとなつかしいです。カレー屋さんはほんとうに宇宙だからみんなちょっと行ってみるといいとおもう。


というわけで現在
カレーがすきです。とてもすき。こうやって書いてみて思ったんですけど、わたし単にカレーの味がすきだからカレーがすきなわけじゃなさそうですね。魂とか、DNAとかに刻み込まれた、カレーに関する記憶とか感情とか、そういうものがはたらきかけてきてくれて、たのしくてしあわせな食事の時間になるから、すきなんだろうなっていまおもいました。食べるだけがごはんじゃないってかんじ。うん、だからわたしカレーがすき。とってもすき。めっちゃすき。

カレーってよくわからんけどいろいろなもの入ってるじゃないですか、スパイスもそうだし、具もでろっでろに溶けてることあるし、何が入ってるかいまいちよくわからないし、混沌としてるし、でもなんかおいしいし、そういうとこ、そういうところ。やっぱり宇宙を感じるし、すきでよかったなあ~ってきもちになるし、わたしはなんの話をしているんだ?だんだん推しとかに抱く感情を語るときの空気になってきたぞ???

えーいとにかく、だからわたしはカレーがすきです!だいすき!!!めっちゃすき!!!!


●せっかくなので
カレーコレクションでも載せておきましょうか

f:id:ksrh16:20160404193447j:plain

f:id:ksrh16:20160129221254j:plain

よくTwitterにも登場なさる我が家のカレー様。カレーの日はもう開催していませんが、それでもカレーの頻度はそれなりに高いほうだとおもいます。おいしいです。

f:id:ksrh16:20160103144320j:plain


人生を変えたカスバのカリー様。シュリンプカリーはちょっと緑色をしています。おいしいです。

 

f:id:ksrh16:20160402142656j:plain

なんかキャンプのお店のカレー様。スコップで食べるんですよ!キャンプだから!おいしいです。

f:id:ksrh16:20160328221353j:plain

有名なスープストックのカレー様。シンプルイズベストってこういうことだなとおもうんだ。おいしいです。

f:id:ksrh16:20160505133123j:plain
前に屋台で食べたカレー様。ありがたいことにボリュームがとんでもなくて持ち歩くには不便だった。おいしいです。

f:id:ksrh16:20160323192455j:plain

某所カレー様。ナンの大きさ比較のためにパスポートを…。このお店50種類くらいカレーがあるんですあたまおかしい!おいしいです。

f:id:ksrh16:20160430131216j:plain


ピューロランドのカレー様。ノーコメントです。

f:id:ksrh16:20160316213953j:plain


カレーかと思った!?残念ハヤシライスでした!!!!!!おいしいです。


●おわりに
ねえこの記事だれが読むの?????? わたしはすごいたのしかった。
カレーっていいものだなってちょっとでも思ってくれたらうれしいんですけど、別に何かを伝えたくてこれを書いているわけでもないのでそう思ってくれなくてもいいです。なんかこのひとめっちゃ熱いなクスクス…ってしてくれてもいいです。いいんだ、わたしがカレーをすきならそれでいいんだ。でもそんなきもちをわかってもらえたらやっぱりうれしいんだ。

すきの力は無限大だなとおもいました!我ながら!!!日々新しい宇宙を生み出しているカレーがこれからもだいすきです!!!ご清聴ありがとうございました!!!

 

●おまけ
これはきょうはわたしが夕飯作るよ!と宣言した日に家族へ送ったメールです。

f:id:ksrh16:20160618044817p:plain

*1:アニメ『輪るピングドラム』に登場するキャラクター、荻野目苹果ちゃん。毎月20日はカレーの日、というルールを持つ。

*2:他の味は甘口もあるのだけどシュリンプカリーは辛口しかない。からい。