つれづれと

雑食おたくが綴る感想やら独り言やら写真やら。

初めてのCLUB SLAZY~SLAZY4に向けて~

CLUB SLAZY4 The 4th invitation ~Topaz~
 
[劇作・脚本]三浦香 / 伊勢直弘
[演出]三浦香
[音楽]Asu
[出演]太田基裕 / 米原幸佑 / 加藤良輔 / 法月康平 / 才川コージ / 後藤健流 / 倉貫匡弘 / 藤田玲 / 他

東京公演:全労済ホール スペースゼロ 15/12/9(水)~15/12/20(日)
大阪公演:15/12/25(金)~15/12/27(日)
 


こんにちは。ことしもまた、SLAZYの季節がやってきました。ずっとずっと楽しみにしていた、SLAZYの季節がやってきました。せっかくですので、自分の復習も兼ねて、SLAZYとはなんぞや~!?というのを説明する記事を書きます!!!
まだ間に合う!まだ間に合うんだ!!!いまならまだ間に合うから~!!!!!

※3の前にも似たような記事を書いたのですが、過去のそれらの記事をベースに、4用に新たに作り直しました。


◆舞台「CLUBSLAZY」とは
・初演を2013年9月、2を2013年12月に、そして3を2014年10月に上演し、舞台から派生したライブを2014年4月、2015年4月の2回行っているシリーズものの舞台。今回の公演は本公演の4作品目。
・大都会の片隅にあるというクラブ「SLAZY」を舞台にした歌ありダンスあり笑いあり涙ありの「愛」を主軸にした作品。
・登場人物は男性のみ。
・作中に歌もダンスもあるけれど、ミュージカルではない。あくまで歌は「ショー」を見せているだけ。
・ホストものでもない。


◆SLAZYの世界について
大都会の片隅にあると言われているクラブ「SLAZY」。しかし誰もがそのお店に行けるわけではなく「ガーネットカード」という招待状を受け取った、選ばれし女性のお客様のみがたどり着ける場所で、しかもガーネットカードは深い悲しみを持った女性にしか届きません。
そんな深い悲しみを背負った女性たちがたどり着くCLUBSLAZY、重厚な扉を開けるとそこには客席とステージがあり、そのステージの上ではSLAZYのパフォーマーである美しい男たちが歌い、踊っています。ステージで踊る彼らは、女性たちの悲しみから生まれる「涙」を不思議な石「ガーネット」に溜めていき、代わりに彼女たちを笑顔にして帰す…ということを毎晩毎晩続けていくわけです。

そんなクラブで起きる出来事や、パフォーマーたちの姿を描いたストーリーが「CLUB SLAZY」なのです。


◆SLAZYのなにがいいの?
いろんな要素があわさって、最高のSLAZYという作品になっているとは思うのですが、その中でもこの作品の魅力を作っているひとつとして、「クオリティの高いショー」と「ダメ人間たちの悩みや葛藤」の2部構成、というものがあると思っています。

ショーについて
パフォーマーたちが本編中に披露してくれる曲は、全曲オリジナル楽曲。とにかくかっこいい。ほんとに、とにもかくにもかっこいい。出演者の役者さんたちも声をそろえて「かっこいい」「すてき」とおっしゃっているくらいかっこいい。なんで視聴できないのか謎すぎるんですがほんとにかっこいいので今度CD貸しますね。聴いて。
そうです、CDも発売されていますし、前述のとおりライブの開催もされているので、曲だけで、ショーだけで、じゅうぶんにお金をとれるレベルの完成度なんです。
そして基本、1人につき一曲が用意されているのですが、それぞれがどこかキャラソン?っぽいというか、それぞれのキャラクターや、雰囲気に合っていて、色が出ているのが魅力的です。ほんと、いっぺん見てほしい、聴いてほしい!やっぱCD貸す貸す!聴いてくれ!!!


ダメ人間たちについて
いや~、ダメ人間なんですよ。さっきまであんなにショーステージでかっこよくキメてたひとらが、みんな。ダメ人間っていうかなんていうか、ダメじゃないんですけど、だめっていうか、ざんねんっていうか、そういうひとたちの集団なんですよ、SLAZYって。
そもそも「SLAZY」って、元々は「LAZY=怠け者」という言葉に「S級の」という意味をくっつけている造語なんですね。「S級の怠け者」たちが集まっているのが、SLAZY。
サイトとかでビジュアルをご確認いただければおわかりいただけるとおもうんですが、みんなかっこいいんですよ。かっこつけているんですよ。なのに、みんなLAZYなの、S級にLAZYなの。
でも、そんな彼らが、だめだめなりに、ちょっとずつ変わっていっていくんです。悩んで、苦しんで、ぶつかりあって、それでもちょっとずつ変わっていって、進んだり戻ったりでもやっぱりちょっぴり前に進んだり。
そして彼ら、とにかくキャラが濃いんですよ~。だれひとりとしてキャラクターが被ってなくて、みんなのやりとりをみるだけでたのしい。おもしろい。でもたまにぐっとくる。ずるい。すきだ。


そして、何がいいかって、その「ショー」と「裏側」が、一致したり、しなかったり、そこが、また、おもしろいところで。


心情を歌にするミュージカルとは違い、「ショー」は単なる「ショー」であるので、そこで歌われる歌と登場人物の気持ちが一致しているとは限らないのです。
なので、「愛がなにかわからない」と言っているような人が、ショーでは堂々と「愛なら売るほどあるから」とか歌っちゃう。けれど、ぜんぜん嘘っぽくなくて、むしろ、その「ショー」をまっとうしている姿は、プロとして成立していて、それがめちゃめちゃかっこいい。ほんとうは裏で泣いていたことを、苦しんでいたことを知っているからこそ、彼らが余計かっこよく見える。かっこいい。すきだ。

けれども、時々、「ショー」と「彼らの本音」が一致することがあって、それはそれで、めちゃめちゃ泣けてしまうんです。いろいろなものを背負って抱えて、そんなパフォーマーが必死に歌う曲が、彼ら自身と重なる瞬間があって。特にシリーズ3作目は、その傾向が強かったです。3のラストに畳みかけるように披露されたショーステージは、彼らのきもちを歌にして昇華していくという、いままでの「ショー」と「本音」の不一致、という魅力を逆手に取った、すさまじい演出でした。そこらへんはぜひDVDとか見てほしいです。すごかったんだ。

ダメ人間たちが、しかしかっこよく、ステージの上できらびやかに歌って踊る。けれどもやっぱり「S級にLAZY」の集団だから、くじけたり、悩んだり苦しんだりして、それでも前に進んで、また歌を歌っていく。そういう、魅力があるんです。すごいの。すごい。すきだ。


◆いままでのSLAZY

・CLUBSLAZY 初演

 

Club SLAZY [DVD]

Club SLAZY [DVD]

 

 


2013年9月上演。
SLAZYの顔見せ的な、長いシリーズの導入となる、世界観やキャラクターの紹介も兼ねた「お披露目」要素も強く出ていた作品。SLAZYの自己紹介話。

SLAZYにはX-24-7という特別な座席があり、ここにはその日いちばん深い悲しみを背負った女性が座る、という決まりがあり、その席は毎日必ず埋まっています。しかしある日、そのX-24-7の席番号が記されたガーネットカードを手にした遠藤という男がやってきて、さらに10年前に店を出て行ったかつてのトップエースが帰ってきたことでSLAZYに激震が走り…。本当の愛とは、そして別れとはなんなのか。かっこいいはずの男たちがうじうじしたり悩んだりして、それでもちょっとずつ前を向いて歩いていくストーリーでした。


・CLUBSLAZY2

 

Club SLAZY The2nd invitation [DVD]

Club SLAZY The2nd invitation [DVD]

 

 


2013年12月上演。
SLAZYに裏があるとわかる話。過去話がメインとなる構成でした。SLAZYとはなんなのか、そしてそこで働いているパフォーマーたちにはどんな過去がありどんなことを考えているのか。そんなことが少しずつ紐解かれ、一方で新たな謎もたくさん生まれた、そんな作品です。

今から7年前のこと。伝説のトップエースが謎の失踪をとげました。その理由やそこに関わった人たちの想い、それからその過去をある人は乗り越え、ある人はずっと引きずったまま、現在のSLAZYにかつてのメンバーが集まってきます。1よりも少しシリアス要素や謎解き要素が増え、重要らしい設定やいかにも謎を背負い込んでいるキャラクターも新しく登場して、シリーズの話が少しずつ動き始めました。

ここだけ見ると「?」ってなるひとが圧倒的に多い作品でもあるので、どうかDVDで過去作をチェックする方は、1を見た後に2を見てほしい。


・CLUBSLAZY3

 

Club SLAZY The3rd invitation [DVD]

Club SLAZY The3rd invitation [DVD]

 

 


2014年10月上演。
SLAZYが前に進みはじめる話。ショー要素の強かった初演と、謎解きや回想を盛り込みストーリー要素の強かった2のいいところを合わせたような絶妙のバランスで成り立っている話でした。みんなスレイジーだいすきなんじゃん!!!!!!!って見終わった後にキレる作品。

代理トップエース、ブルームの失踪。オーナーの帰還。そして謎のコンビ、リドルとレティによる道場破りに揺れ動くSLAZYとパフォーマーたち。誰のために、なんのためにステージに立つのか、いったいどうして自分たちは歌っているのか、自分たちがこの店にいる理由はなんなのか…そんなことを考えながら、彼らが前を向いて、歩きはじめるまでのお話でした。個人的には、ここからがスタートって感じたんですが、果たして。


・LUVSLAZY1、LUVSLAZY2
2014年4月と、2015年4月にに開催された夢のライブ。通称ラブスレ。お祭り騒ぎ。
1はまさに「なんでもあり」な空間で、ほんとうならば出会っていないキャラ同士が同じ場所にいたり、設定がぼんやりとしていたり、とパラレルワールドな世界だったのですが、2はふつう~~~~に、えっこれ本公演かな????ってくらい、なんかふつう~~~~~にストーリーがあって、伏線があって、めちゃめちゃ、めっちゃ、びっくりしました。


そして今回が、いよいよ、4です!!!なんと、2年で本公演4作、ライブ2回という、なんとも長いシリーズものになりました!!!!うれしい!!!!!!!


◆知っておくと楽しいSLAZY用語

・レイジー
SLAZYにいるメインパフォーマーのこと。最大5人までしかなることができず、その5人もトップ、セカンド、サード…と順位がつけられています。レイジーになるとソロステージをもらうことができ、立場も偉くなります。

・ミスティック
SLAZYの裏方を担当するひとたちのこと。はっきりと名前が判明しているのはQだけですが、ほかにも何人かいるようです。掃除をしたりご飯をつくったり、何でも屋なミスティックは謎が多い存在でもあります。

・ニュージャック
レイジーを目指すパフォーマーのこと。今回の4では過去最高人数の8人が登場します。先輩であるレイジーにパフォーマンスの極意を教わりつつ、主にバックダンサーをつとめています。

・キングダム
かつてSLAZYで活躍していた人たちが、お店をやめると所属するのがこの階級。SLAZYは以上4つの階級から構成されています。

・ガーネットカード
深い悲しみを背負った女性の元に届くSLAZYへの招待状。席番号が書かれており、それがないとSLAZYへ来ることができません。

・ガーネット
女性たちの涙を溜めると光るという不思議な石。トップエースだけが持つことを許されており、逆に言えばこれを持っていることがトップの証となります。しかし代理トップエースのブルームは、このガーネットを置いてどこかへ消えました。


◆キャラクターについて
SLAZYに登場するキャラはみんな個性的で厄介です。そして魅力的です。演じている役者さんは敬称略で紹介させていただきます。()の中は登場している作品で、★がついているキャラが今回の4に出演するキャラです。ご参考までに。

・Act/大山真志(1)
SLAZYのトップエース。ストイックで自分にも他人にも厳しく、完璧でありながら一方で悩みも多く抱えていたレイジー。1の最後では自分探しの旅に出ます。

★Bloom/太田基裕(1、2、ラブスレ1、ラブスレ2、4)
SLAZYのセカンドエースであり、トップがいない現在は代理トップエースを務めている。クールで冷たい印象を与えるけれども実は天然で子供っぽいところも。クールビーとは犬猿の仲。
3では不在でありながら作中で常に圧倒的存在感を放ち、一刻も早い帰還が望まれましたが、この度、満を持して丸一年ぶりに本公演に帰ってきます。代理トップエース、という大切な立場を放り投げてまでどこかへ消えてしまったブルーム、けれども店のことをずっと考えていたブルームが、帰って来て、なにを語るのか。あとこあらっこゲームはあるのか。

★CoolBeans/米原幸佑(1、2、ラブスレ1、3、ラブスレ2、4)
三番手、サードスター。マシンガンナルシストの異名を持ち、なんでも自分の都合のいいように解釈できる。けれど本当は誰よりも仲間思いで熱い人間。ソロ曲では全力でコールをしましょう。
前作の3ではスーパー新曲セレナーデというスーパー新曲でスーパーな一面を見せてくださったクールビーさま。今回は敵??のブルームが戻ってくることで彼がどんな反応をするのかな、とか。またたくさんの名言を残してくださるのかな、とか。
クールビーさんは唯一、すべての作品に登場している、ミスタースレイジーです。

★Deep/加藤良輔(1、ラブスレ1、3、ラブスレ2、4)
4番手、フォーススター。飲んだくれの酔っ払いでステージをサボることもあるちゃらんぽらん。一応エンドの教育係で、エンドと仲良し。3でさらに仲良しになった。たぶん。
「浅く見えて実は深い」という自己紹介のとおり、なにか抱えているものがあるっぽい…というのは毎度匂わせていますが、けれどもそれがいったいなんなのかは2年経ってもわからず仕舞い。4でわかるといいのですが。
そして自他共に認めるブルーム厨なのでブルームが帰ってきてたぶんいちばんはしゃぐのはこのひとだとおもいます。

・End/井澤勇貴(1、ラブスレ1、3、ラブスレ2)
現在のファイブスター。男でありながらガーネットカードを受け取り、SLAZYへ。1の最後にレイジーになり、3でレイジーとしてデビューを果たしました。最初は緊張でおどおどしたステージを披露していましたが、3で起きた様々な出来事で覚悟を決め、最後は堂々と、自分のやるべきことをやりきって成長を遂げます。なんていうか、SLAZYの主人公を決めるのならば、エンドなんじゃないかなって個人的に思っているようなひとです。
ディープにレイジーの極意を教えてもらっているわけですが、どちらかといえば酔っぱらいのお世話をしていることが判明したので、4でエンドがいないのがとっても不安です。

★Fly/才川コージ(1、2、3、4)
ニュージャックのひとり。クールビーの直属の後輩で、彼を慕っている。アクロバットが得意で熱い性格。同じニュージャックのグラフとはセット売りされることが多いです。
ライブにはいないのですが、本公演は皆勤賞という安定のフライ。実は欠席していたラブスレ2で「フライはどこ?」という話題になったときに「箱の中に入っている」ということが言われていました。…箱???

Graf/後藤健流(1、2、3、ラブスレ2、4)
ニュージャックのひとりでフライと同じクールビーの後輩。字が下手で雰囲気眼鏡と呼ぶと怒る。金髪がまぶしい。
グラフはとにかくダンスがドチャクソうまくてほんとにびっくりするくらいうまくて見とれてしまいます。フライやクールビーさんとのやりとりも必見。

★Hop/田中太郎、高崎俊吾、東慶介、坂下悠希(1、2、3、4)
HIJはみんなダンスが中心のニュージャック。ニュージャックは同じ名前を色々なひとが演じているのも特徴です。ホップはやんちゃ系→かわいい系→いかつい系→かわいい系…ときました。3のホップめっちゃ動けるひとで意味不明なアクロバットとかかましてました。かっこいい。でもわたしはホップちゃんはみんなのアイドルだと信じて疑いません。

★I-ght/山田元、佐古剣志、高橋稜(1、2、3、4)
同じくニュージャック。言動が落ち着いていて大人っぽく、紳士であり美しいものを好むという人物…という設定のはずですが、シリーズを通していくうちにだんだんその軸がぶれている気がするので今回のアーイさんもたのしみです。

★Juke/池口祐太、K-TA2(2,3、4)
ニュージャックのひとり。3,4と同じ方が演じてくださっているのですが、キャラが急に固まって来た感あって今回もジュークさんから目が離せませんね!!!いちばんいかついのがジュークさんです!!!!!!

★Jasper/KENTARO、池口祐太(2、4)
おかえりジャスパ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!まさかのカムバックに大歓喜です。

・Jiggy/松本祐一、HACHI、WATARU(1,2,3)
ニュージャック。実はアクトさんがだいすきっていう裏設定があったんですが、今回の4にはいません…さみしい…。

 ・King/渡辺大輔(2、ラブスレ1、ラブスレ2)
伝説のトップエース。謎の失踪をしたのはこの方です。トップとしての器がすばらしいと言われながらも、ひとりの女の人によって狂ってしまった人間。ショーのときの色気がとんでもなかったです。

★Odds/藤田玲(2、ラブスレ1、ラブスレ2、4)
キングがトップだったころのセカンドエース。計算高く冷酷かと思いきや、ほんとうはとても気遣いの人。クールビーの先輩でもあり、面倒見のいい面も。
しかし最近どうやらこのオッズさん、まったくクールキャラではないことが判明し…クールビーさんのナルシストをさらにひどくしたようなとんでもねえお方だったということが判明し…ついでにレティさんとの因縁????の関係も判明し…
4のオッズさん、楽しみでしかないですよね!!!!!!!!??????

・Peaps/山下翔央(2)
見習い新人ニュージャックとしてSLAZYに潜入した、実は…な人物。かわいい面とちょっと乱暴な面、どちらも見ることができます。2の最後でSLAZYに加入したはずなので、また出てきてくれることを願います。

★Q/法月康平(2、ラブスレ1、3、ラブスレ2、4)
通称「Qちゃん」。SLAZYの裏方を担当するミスティックという階級の人で、なにからなにまで謎だらけでつかみどころのない人物。3では「自分の選択は、常に、最良」という、SLAZY史上いちにを争う名言を残していかれました。
まだまだなにか抱えているものがたくさんありそうですし、今回は支配人もいらっしゃらないので、いろんな意味で大注目なミスティックさんです。

・Ya/大須賀純(1)
かつてSLAZYのトップだった人物で、Zsの古い知り合い。Zsに恨みを持ちその復讐のためにSLAZYに再び現れますが…という話でした。エンドがSLAZYに入ったのは半分くらい彼のおかげの節があります。

・Zs/藤原祐規(1、2、ラブスレ1、3)
SLAZYの支配人。おちゃらけているように見えて従業員ひとりひとりをきちんと見ている上に、なにやらこのひともたくさん秘密を知っている様子。
いない…支配人が…いない…スレイジーに支配人が…いない…。信じられないのですが、いないんです。ラブスレ2にもいませんでした。信じられないのですが、サンクスジーズデーなのです。
しかしきっと、きっと「シャドー」さんがご活躍してくださることを願って。シャドーとはなんぞや?ってかたは、どうぞおたのしみに。

・Riddle/森崎ウィン(3)
金髪の生意気ボーイです。突然SLAZYに殴りこんできたと思ったらステージ乗っ取りました~~~~~~~~!!!と宣言して好き勝手SLAZYを荒らしていったやかましいお人です。
が、しかし、その正体は……………。
たぶんここは知らなくても4に影響はないと思うので、ここでは語りません、むしろ3のDVDとか見てご自身の目でお確かめいただきたい。ちなみにわたしはリドルちゃんをしあわせにしたい教に入っています。

・Reti/インザーギ(3、ラブスレ2)
無口なナルシストです。突然SLAZYに殴りこんできたとおもったら以下略…。しゃべったりしゃべらなかったり、寝てたり起きてたり、怪力だったりワインを飲んだり結界を張ったりする。
が、しかし、その正体は…………。
ただこのひとはオッズさんとも関係がちょっとあるので、念のため頭の片隅に「レティ」って存在を置いておいたほうがいいかも、しれません。念のためね。

・X/石坂勇(3)
Xさま。Xから始まるそのまま~~~~えっくす!もしくはSLAZYの門番。高笑いがこわい。
その正体は実は支配人より偉い「オーナー」という立場。しかしお店にはぜんぜんおらず、普段は刺激を求めて外をふらふらしているとのこと。
3では、ブルームの行方を知っている…?のかもしれない、思わせぶりな発言をしていたので、Xさんの話題は上がるかもしれませんね。

★DooBop/倉貫匡弘(4)
謎すぎる。謎すぎる存在です。アルファベット的にはディープさんと被っているのですが…まだアルファベットに空きがあるというのに、わざわざDにぶつけてくるあたり、なにかありそうではないですか?

★Jr./大森夏向(4)
ち、ちっちゃい!!!!!!!!!!!びっくりした。
衣装がミスティックのそれです。こんなちっちゃな子も働かせるミスティックとは…。


いままでのキャラにまた会えるのもうれしいし、新キャラも、謎だらけ!たのしみです!


◆SLAZY4に向けて 伏線のおさらい
さてでは最後に、いままでばらまかれている伏線で、わたしがきになる!とおもってるやつを書いておきますね。いままでの作品を知らない方でも、へーそんなんがあったの~と楽しんでもらえれば。

●ラブスレ2で出されたもの
・サンクスジーズデー:支配人ジーズに半年に一度訪れる睡眠の日。それがやってくると支配人はなにもできず眠りにつくしかないらしいです。
・支配人が会いたくない人:が、来た、らしい…??? ラブスレではそれがオッズさんのような演出だったのですが、えっそうなの?ちがうよね? 会いたくない人のために寝たフリしてやり過ごすくらいには会いたくないらしいです。
・箱に入っているフライ:箱に入ってるんだよ~。クールビーさんに箱に詰められたらしいよ~。
・「人気」を辞書で引くと:クールビーと書いてあるし、同義語で、ブルームとも、書いてある。つまりそれって、ふたりは、同じくらいの力があるってこと?
・「いつか、クールビーさんがナンバーワンをする日がくるかもしれませんね。」:Qちゃんの台詞です。つまり!?つまり!?

ラブスレってなんだったんだ…すごい…。


●そのた未回収(とおもわれる)伏線
・ミスティックのシステム:なんか、ほら、ちらほら何人か出てくると、結局ミスティックっていったい誰が統括していて、どうしてお店で働いているんだろうって不思議になりまして。歌もダンスもできるということは、元々はパフォーマーだったりしたのかなとか。
・ディープのこと:ニュージャック時代未経験だった。つまり下積みなしでレイジーになっているというわけです。ちなみに、そのことをクールビーは知らなかった…?みたいなので、てことはディープのが先に店にいたということです!?

そのたはそういえば前にここに書いた!!!!

 

ksrh16.hatenablog.com

 

 

 

●まとめ
伝わったでしょうか、SLAZYのいいところ。たのしそうだなって、ちょっとでも思っていただけたでしょうか。だったら、ぜひ足を運んでほしいです。大阪公演は完売ですが、東京公演はまだチケットありますよ。ぜったい後悔させない。ぜったいたのしいので、騙されたと思って一度見に来てください。ぜったいたのしいから。
4まで続いてくれた。それってすごいことだ。4までオリジナル作品がこうして続いてくれて、地方公演までしてくれて、しかもまだまだ終わる気配がなくて、しあわせでしかないです。みなさんもこのしあわせの流れに乗るべき。いまならまだ間に合う!いまならまだ間に合うから~~~~!!!!


さあ、SLAZYが開店しますよ!