読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれと

雑食おたくが綴る感想やら独り言やら写真やら。

【宣伝】まだ間に合うCLUBSLAZY3

CLUB SLAZY The 3rd invitation ~Onyx~

14/10/8(水)~14/10/13(月・祝)/草月ホール

出演:井澤勇貴、インザーギ、加藤良輔、後藤健流、才川コージ、法月康平、藤原祐規、森崎ウィン米原幸佑(50音順)/石坂勇 ほか

 

今月8日からついにCLUBSLAZY3の上演が始まりました。半年ぶりのSLAZY、一言で表すなら「最高」でした。これはもっともっとたくさんのひとに見てほしい、みんなに知ってほしい、ほんとうにほんとうにいまいちばんおすすめしたい舞台であり、こうなったらステマしている場合ではないのでいっそダイレクトマーケティングじゃい!とこの記事を更新することに決めました。よろしければお付き合いくださいませ。


※この記事は「チケットも余ってるようだしSLAZYに興味はあるけれど、どんな話かわからないからいまいち踏ん切りがつかない、核心的なネタバレを知ることなくなんとなくふんわり今回の雰囲気を知りたい」というひと向けなので、とんでもないネタバレはありませんが、なんとなくなあらすじなどは述べていますのでご注意くださいませ。

 

◆知っておくとたのしい事前知識
SLAZYについてはこのブログでたくさんいろいろ触れてきたので詳しいことは 

【雑記】はじめてのCLUBSLAZY - つれづれと

ここらへんを見ていただきたいのですが(1と2だけに触れているので今回のネタバレはありません)、もっともっと簡単にとりあえず3を見るにあたってこれだけは知っておいてほしい!ということを書き出しておきます。

・SLAZYは悲しい女性を癒すためにショーを行う場所である
・悲しみを溜めるガーネットという石があり、それを持つことはSLAZYのトップの証である
・SLAZYでショーを行うパフォーマーはレイジーと呼ばれ、ソロ曲もあってとにかくショーステージはかっこいい。しかし本当はレイジーみんな欠点だらけで、舞台裏ではダメ人間ばかり
・ソロステージがあるレイジー以外にも裏方業務を行う「ミスティック」、見習の「ニュージャック」というポジションもある
・現在SLAZYにいるレイジーは3人。一番手は自分探しの旅に出かけ、二番手は…?
・二番手のブルームは、旅に出ているトップの代理も務めている。クールでめんどくさがりで、三番手のクールビーンズと犬猿の仲。3では不在。
・三番手のクールビーは俺様キャラ。ずっとトップを目指している。かつては見習ニュージャックだった過去もある。
・四番手のディープはサボり癖のある酔っぱらい。エンドの教育係でもある
・五番手のエンドはレイジーになったばかりの新人。彼女に振られてSLAZYに来たという過去がある(詳しくは1で!)
・支配人のジーズはかつて二番手のレイジーとしてショーを行っていた。ライバルだったトップがいなくなってしまったあとは、彼の帰りを待ち続け、トップの座は空けたまま「代理トップ」になっていた(詳しくは1で!)


これだけわかっていれば、大丈夫です!たぶん!もちろん、事前知識がなくても舞台を楽しめるような工夫がされていて、キャラ紹介も本編中にあったりするので、そこらへんはご安心ください。ざっと全員のことを知りたい方はやはり【雑記】はじめてのCLUBSLAZY - つれづれと こちらの記事へどうぞ。

 

◆見どころだらけなのですが敢えて挙げるとしたらの見どころたち

・新キャラの濃さ、魅力、歌とダンスのクオリティ。今回の新キャラ、X、リドル、レティ。どれもくせ者揃いで、しかし誰もが魅力的。リドルとレティのコンビ芸にもご注目ください。
・各キャラの葛藤と成長。もちろんいままでのキャラも負けてません。全員、悩んでもがいて、先に進みます。レイジーであるクールビー、ディープ、エンド、それぞれの生きざまが素敵。
・いままであまり描かれることのなかったニュージャックたちの心情も垣間見ることができます。もちろんダンスもとんでもない。
・支配人ジーズが支配人である経緯と理由とがわかります。彼もまた悩んでもがいて。
・Qがすごーく、すごい。すごいです。

全員が主役で、誰を切り取って見てもたのしくて、どの立場で考えてもぐっと来るものがありました。誰を好きでもきっと満足できます。


どうしても伝えたいこと

SLAZYって、よくある若手俳優舞台で、とりあえずイケメンを揃えて踊らせておく舞台でしょう?という誤解は、勿体ないです。とにかく、勿体ない。
3はSLAZY初参戦の伊勢直弘さんが脚本、そして元々脚本を手掛けていた三浦香さんが脚色と演出をやられているのですが、今回そのバランスが、とにかくとんでもなくいいんだなとおもってます。すっと一本筋道の通った、緻密で、それでいて重苦しくない絶妙のテンポ感を持ったストーリーに、SLAZYらしさが乗っかって、盛りだくさんなのにおいてけぼりにはならず、すらすらと内容が頭に入ってきます。
SLAZYの魅力であるショーのクオリティもどんどん上がっていて、ああ本気だなと、感じます。ショーと芝居のリンクの仕方も、ミュージカルにはできないバランスです。
なんていうか、今回の3、すごい、すごい気合いなんです!やったるで!SLAZYやったるで!っていう気合いと覚悟を、ひしひしと、感じるんです。ただイケメン集めただけでしょ?だなんて口が裂けてもわたしは言えません。
あの熱量と勢いは、生で見るべきです。ほんとに!いままでSLAZYを知らなかった人でも、きっと、その熱に魅了されるとおもうんです!


何度かここでも触れた気がしますがわたしがいちばんすきなの、ブルームなんです。で、ブルームは今回いないんです。それでも3は最高だと、言い切ってしまうほどに最高なんです。もうほんとたくさんのひとに見てほしい。もちろん、ブルームをすきなひとにも、ほかのキャラをすきなひとにも、お目当てのキャストがいるひともいないひとも、SLAZYを見たことない人にも。ほんとに、きっと、あなたもSLAZYをすきになるから!ほんとに!正直まだまだSLAZYは続いていくと思います。だったらいまのうちに見ておく方がお得なんです!せっかく生でこんなに完成度の高いものをみられるチャンスがあるなら見に行くべきだと、そう思うのです。


などと、熱くダイレクトにマーケティングをしてしまいました。このくらい熱くなれるほどの熱をわたしは感じました。そしてキャストさんやスタッフさんたちのTwitterやブログを読んでいても、熱を感じます。びしばし。すてきな舞台に出会うチャンスをどうぞお見逃しなく…。

 

SLAZY3は今月13日まで草月ホールにて上演中。当日券などもあるそうなので、お時間ありましたら、ぜひ、ぜひ。