読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれと

雑食おたくが綴る感想やら独り言やら写真やら。

【雑記】CLUB SLAZYについて その8 Y/Z

CSL

・CLUB SLAZY
2013年9月25日~29日/新宿フェイス
・CLUB SLAZY The 2nd invitation ~Sapphire~
2013年12月6日~15日/全労済ホールスペースゼロ

 

え?あしたラブスレなんですか?え?

クラブスレイジーについてだらだら話していたらラブスレイジーがあしたになっていました。とりあえず登場キャラみんなについてお話しできたの楽しかったです。たのしかったんですけどあしたラブスレってうそだろ?ってかんじです。どうしよう。どうしよう。

これだけ話すネタがあるスレイジーってなんなんだ…って改めて思ったんですがわたしはこのスレイジーのつっこみどころがあるところとか引っかかるところがあるところがすきなんだなって気づきました。いろいろ話してもまだここ気になる!ここいいよね!ってなるの、たのしいです。すごいたのしいです。あしたはがんばって会場にたどりついて、がんばって帰宅するのを目標にしたいと思います。がんばります。

 

 

Y:ヤー

わたしの名前は…Yから始まる名前はヤー。名前名前しつこいかんじ。夢物語は終わりですよ。

 

ヤーは10年前のクラブスレイジーのトップエース。って話をしたら一斉にみんながえ?って顔するのがすごいたのしかったですけど笑っちゃいかん、笑っちゃいかん…と思ってましたでもそう思えば思うほど笑ってしまった。あのシーン好きです。その時代にクールビーがいたら神になれてたかもしれない。しかしある日当時セカンドエースだったジーズに誘われ店の外に出ていき、そのまま店の外の世界で愛する人に出会いスレイジーをあとにする…ということがあったらしいです。けれどそれは永遠じゃなかった、出会いには別れがあった、という話。初めて見たときからずうっとヤーさまそれは逆恨みというものですよ…と思ってたんですがどうなんでしょうか。たしかに店の外に行ってみようぜ!って誘ったのはやんちゃな(強調)ジーズでしたがそこで店を出て行くって判断をしたのもだれかを好きだとおもったのもヤー本人の意志なのだから、結末がどうなったとしてもそこは自分の決断に責任を持ちなよ!って思いました。いい大人なんだから。いい大人ですよね?あのひとら何歳?

ヤーは、10年間もなにしてたんだろなってちょっと考えると謎です。どうして10年も経ったのか、どうして10年後にスレイジーに戻ってきたのか。復讐するぞ~とスレイジーにやってきたわけですが、その復讐の理由が「別れを経験したから」だとしたらつい最近愛した人と別れたとかなのでしょうかとか考えたんですがどうなんでしょうかね。でもあの口ぶりはどことなく「ずっと孤独で暮らしてた」ってかんじがするんですがどうなのでしょうかね。だとしたらなんでこのタイミングだったのか…もしかしてエンドが来ることも知ってたのでしょうか。だからそのタイミングを狙ってきたとか。ヤーはなんやかんやエンドの心境とかに理解もあったりするので(似た者同士なため)、もしかしてどこかで事前にエンドの存在を知ってたり、とか、したのかもかなーと考えると10年っていうのはわざとなのかなとも思います。
そして1が終わった後ヤーはどこに行っちゃったのかしら、と考えるとまた孤独な旅に出たのでしょうか。クラブスレイジーの隣で新しいお店立ち上げてライバル店とか始めたらみんなしあわせだとおもうけどな。

 

ヤーが10年前トップエースだったころは支配人がジーズ以外のべつのひとだったわけで、彼やジーズはその支配人に従っていたわけで、いったいその支配人はどこ行ったのだろうなって思ってます。10年前、ヤーが店を出て行ったあと、その3年後にはジーズが新支配人になっているわけで…。あとヤーは「あのひと」の存在を知っているのかな?っていうのも謎ですね。いったい誰がどこまでスレイジーの真実を知っているのだろうと…。

 

ヤーのソロってどれになるんだろうと考えたらいちおう愛は幻ってことでよいのでしょうか。あれCDに入ってなかった!ショック!遠藤の心にいちばん響いたお歌ということでこの勝負ヤーさまの勝ちですね。ヤーさまに一票~。

ジーズさんと仲良くしてほしいな!って最後のスレイジーのテーマで肩組んでる2人を見て切実におもいました。あの笑顔プライスレス。

 


Z:ジーズ


Zから始まる…そういえばこの人はこのアルファベット自己紹介がありません。忘れちゃいけない支配人。


ジーズはクラブスレイジーの支配人。自由で、子供っぽくて、寝るのがだいすきで、いつでもへらへらしている…ように見えて、なんだかいろいろ考えていたり知っていたりなんだり、という一言でいえば、ずるいずるいひとでした。ずるくないですかああいう立ち位置のひと。1ではまあ自由奔放なひとなのかな~くらいでしたが、2で実はいろいろ知ってるキャラが追加されて、あれっ支配人ラスボス???ってなりました。それはない。

1と2の時系列をまとめてみます。支配人はわりと波乱万丈。
・10年前→トップがヤー。セカンドエースとしてスレイジーで働いていた。外に行こうとヤーを連れ出すが自分は店に戻る。ヤーは店を出ていく。
・7年前→3年間ヤーが戻ってくることを待って代理トップエースを務めていたがいたがそれを諦めて支配人になることに。新しいレイジーを決める
 ・現在→支配人。三度の飯よりとにかく寝る!!!
支配人何歳なんだろう、いまさら。

 

1でサヨナラや別れについて語り、それはアクトやエンドに言い聞かせているように見えてじつは自分のことを語っていて、2ではキングとオッズの関係性をずっと見守っていた支配人はなにか思うところがありそうな顔をしていてもしかしたらセカンドエースやってたころが一番楽しかったのかもしれないな~などと思ってしまいました。「わたしは二番目が好きだ」は「二番目の人」が好きなのか「二番目でいる自分」が好きなのかという…。なんやかんや、1でも2でも、「セカンドだった自分」「トップエースがいたあのころ」を引きずっているようなそぶりを見せる支配人はわりとわりとヤーのことを引きずりまくっているのだなと思ってます。
トップエースとは、とオッズに語ったあの内容も自分に言い聞かせていたのでしょうか。あの3年間、望めば代理ではなく本当のトップエースになれたはずなのにずっと代理トップエースでいたのは、自分には無理だとすでにわかっていたからでしょうか。自分には無理で、でもヤーにはトップができる。だからヤーの帰りをずっと待っている。あのシーンを思い出しては支配人せつねえ…ってなります。10年後にヤーと再会できてよかったね…。オッズの時にも少し触れましたが実はトップが大好きでトップの下にいる自分が好きでセカンドという場所に居心地の良さを感じているセカンドエースたちがわたしは大好きです。ジーズとオッズ、ジーズとブルーム。たぶんセカンドだからこそわかりあえるなにかがあるんじゃないのかなー、って勝手に思ってます。支配人はブルームのこと苦手って言ってるけど心の底から苦手ならあんなに仲良く日替わりネタやらないもんたぶん!


2では観客の頭上に見事な感嘆符と疑問符をたくさん浮かべた衝撃のラストでしたが、支配人ずるいですずるいですね。何度ずるいって言ったかわからんよ。彼がいったいなにを知っているのか、続編で明らかになればいいなと、というか明らかにならないと許さないぞと、ああでも明らかになって完結しちゃうのはさみしいからほどほどに明らかになってくれよと、思っているんですが、最後に支配人が手にしているガーネット、あれってブルームから奪った?ことになっているというのにわたしは6回目の観劇でやっと気づいたのでした…。遅い。あまりにブルームちゃんかわいいかわいいで脳内がいっぱいでぜんぜん支配人の動きに注目できていなかったのですが、カテコで並んだみなさんが捌けていくとき、決まった動きのひとつとして支配人がブルームにぶつかります。そこでブルームは迷惑そうに顔をしかめるのですが、そのぶつかった隙にさっとガーネットを盗み取って笑っている支配人。気づいたときほんとにびっくりしました。たしかにあのガーネット誰のだろうと思ってたんですが。ガーネットを盗ったのはラストの演出上の問題なのか、それとも前作の扉の向こうに消えたディープとエンドのように次につながるエピソードとなって続編はガーネットがなくなった!という話で始まるのか、想像してはわくわくしています。


スレイジーに来る子たちはみんな支配人が連れてきているという話もとっても気になります。みんな遠藤みたいな半ば拉致パターンなのか、たまたまたどり着いた子たちをそのまま雇っているのか。そもそもジーズはどのようにしてスレイジーにたどり着いたのか。「ジーズ(中略)何世」がたくさんいるとしたらまさか代々スレイジー一家(?)なのか…などなど。全員分の過去編できますね!小劇場でいいから待ってる!!!


個人的支配人の見どころはうーんうーん悩みます。1も2も日替わりネタ最高でした。あとから太田さんのブログ読んで2の日替わりは台本になかったけど自主的に始めたと聞き感激しました。それからさっきも挙げましたがオッズにトップエースとは、と語るシーン。シャーロックホームズのところです。あとキングのときにも話しましたがミッドナイトパレードでシャウトしてる支配人も好きです。それからキューとのかけあい曲も好きです。あれだ、後半のキャラになるとほぼ語ったシーンになっている。
というわけで支配人のいろいろなおすすめはありますが今回は最後のサヨナラの支配人が好きだという話をしておきます。キング、オッズ、クールビー、ブルームが歌っているサヨナラを上から見ている支配人。そのときの表情がとっても彼らしからぬ、もしかしたらそれが本当の彼なのかもなという顔をしています。「なにしてるんだ」っていうように一瞬驚いた顔をするんですがそれが見たこともないような顔で。「彼女」が死んだときもすごい顔をしていましたが人の死についてなにか思うところがあるのかなーという印象です。あとみんなかわいいAtoZはほんとかわいい。1も2もかわいい。2でニュージャックのとき一番やかましいのが支配人さまですね。雰囲気メガネ!ってめっちゃ聞こえる。やっかましい。1でも2でもレイジーに詰め寄られる支配人さすがってなります。


ソロ曲は1でお花プレゼント演出が不意打ちでとってもおしゃれだな~とおもってたのですが2は傘があの曲に合わせて踊るのがとてもきれいです。随所随所に出てくるあのフレーズ。やはりスレイジーは「愛の物語」だなと思いました。これはラブ、ラブ、ラーブででっかいハートを描くところがとても好きです。そのあとキングの胸に矢を刺すところまで含めてすごいなーと。お話からいったん距離を置いた話をするとあの曲いつから考えてたんでしょう今回のストーリーのために作られたと言われても納得してしまう。ラブは病気なのですね。


今後もできればレイジーたちの味方でいてほしいなあと思うんですが、どうなのかなあ。

 

 

わあ!ほんとにみんな終わった!すごい!おつきあいありがとうございました!