読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれと

雑食おたくが綴る感想やら独り言やら写真やら。

【雑記】CLUB SLAZYについて その6 K/O

・CLUB SLAZY
2013年9月25日~29日/新宿フェイス
・CLUB SLAZY The 2nd invitation ~Sapphire~
2013年12月6日~15日/全労済ホールスペースゼロ

 

クラブスレイジーについて話す記事です。キングダムまできました。

ラブスレが日に日に近づいてきてついにレイジーもリハ始める時期なのですね~とそわっそわしています。なんかもうみんながステージに並んでいるだけでいいです。それだけでいい。

 


K:キング


Kから始まる名前はキング。伝説の男と呼ばれています。

 

2で初登場のキングは過去にスレイジーでトップエースを務めていたにも関わらず謎の失踪をとげた伝説の男。彼の、そしてそれにかかわった7年前のスレイジーの物語が2の軸となる話で、2では主役?みたいな扱いでしたがまあ主役でした。最後カテコを締めるのもキングで、それがしっくりきてたのでたぶん主役。でもわたしクールビーのときに2はクールビー主役~!とかぬかしてたきがします。みんな主役でみんないい。トップエースっていうからアクトやヤーみたいなキャラだろうと思ったらそんなことなかったです。だいぶそんなことなかったです。でもトップエースって度合いや方向性はどうであれ総じて身勝手でわがままなんだなっていうのはわかりました。オッズがキングのことを身勝手だと言っていましたがその通りだ!もっと言ってやれ!と心の中でわたしは叫んでおりました。でもだからこそトップが務まるのかな。そしてだからこそみんなお店からいなくなってしまうのかな。ほんとにトップになる=店から出て行くだとしたらスレイジーたいへんですね。よくいままでやってこれたよ。

 

そしてスレイジーは女性キャストがいないにも関わらず「愛の物語」であることが1と2で共通しているかなと思ったのですが、今回はその愛で狂ってしまったのがキング。結局は1と同じように「別れ」を含めるのが愛だという結果になってしまったわけですが、1のエンドやヤーと異なったのはその別れを本人は知らなかったというところでしょうか。どっちがつらいんだろうね。クールビーに「彼女オッズさんと会ってましたよ」と言われた直後の壊れたキング。そこでのセリフの「人を好きになって人が大嫌いになった」というのは、 好きになった人=彼女、大嫌いになった人=オッズ…という解釈でいいんでしょうか。 「殺してやりたいくらいだ」と言ったのはオッズのことでしょうか。だから会わないようすぐに飛び出していったのでしょうか。オッズは「熱い夢」と表現したけれども、ほんとは7年間ずっとオッズのことが憎くてしょうがなかったのかもしれない、そう思うとすべてを背負って真実を隠し通したオッズに涙が出てきます…。わたしわりとオッズ派?なので、オッズのきもちもっと考えて!察して!キング考えて!って思っちゃうのでどうしてもこういう感想になってしまうんですけどでも7年間恨まれ続けてたかもしれないとおもうとオッズすごい。と、結局オッズぱいせんさすが!って話をしてしまう。いけない。

 

キングに限らずヤーやアイボールもですが、お店を飛び出したあとはなにしてたんでしょう。そこはつこんじゃいけないとこでしょうか。ずっとスレイジーで働いていたわけだけどバイトとかの経験はあるのだろうか…とか勝手に心配になります。特にキングの場合はほかのふたりと違って絶望して店を飛び出しているわけで、わりと心配です。働き口とか探してる場合じゃなさそう。でもまあ7年間健康に生きてこられたようでよかったです。飲食のバイトとかしてたら微笑ましいのでやっててほしいなっておもいます。

 

ところでキングやオッズは店を出て行った人々「キングダム」と呼ばれているのですが、4つあるスレイジーの階級、K、L、M、Nのなかで自分の名前と階級のアルファベットがかぶっているのって「キングダム」「キング」だけなのだなと思って、これってなにか意味があるのかしらと考えたときに、伝説の男と呼ばれているほどのキングが出て行ったのだから彼になにかそれっぽい役職あげよう~ってなってキングダムができたとかなのかな、とおもいました。つまりキングダムはもともとキングのためにつくられた階級というか。1を思い返すとヤーのことはキングダムとだれも呼ばないので…まあ1にはMのミスティックもいないので設定を持ち出しても矛盾してしまうのかもしれませんが。

 

個人的キングの見どころはやはり最後のサヨナラもいいのですが、それはもうみんなみんな美しいので割愛して、カテコのAtoZを推したいと思います。「!?」という展開で暗転した直後、中央に立っているキングを見て客はさらに「!!??」となるわけですが、そこで堂々としているのはさすが元トップエース。キングのソロパートもいいですがクールビーのソロの「クラブスレイジー!」のところでピープスに「ほらほら行け行け」とクールビーの邪魔を促すところでほっこりします。仲良くなったんでしょうか。それから支配人ソロのあとに文句を言いに行くわけですがランウェイにいる新旧レイジーに「ほら行くぞついてこい」と呼びかけるところがとってもトップぽくてああオッズはこういう彼についていきたかったんだろうななどと勝手にしみじみしてしまうのもポイントです。

 

ソロ曲はとってもスレイジーの代表曲だな!と思いましたがそういえばアクトもスレイジーの象徴「ガーネット」の曲を歌っているので、やはりトップエースにはトップにふさわしい曲が与えられるのだなと…。 歌詞に「ここはスレイジー!」などと入ってしまうなんてもはやスレイジーのテーマと言ってしまっても遜色ないほど超スレイジー。テーマソングは別にちゃんとありますけど。もちろん真ん中で歌っているキングもいいですが最初のシャウトをランウェイで披露している支配人もかわいらしいです。上手くいくと小さくガッツポーズを決めます。やっぱりトップエースというものはバックダンサーにレイジーをつけられるんですね!迫力あってかっこいい!ランウェイを使うのも見どころでしょうか。オッズとクールビーも通路まで来てくれるのでわりとどきどきしました。あの曲はみないぱれって呼んでます。

あとあの、キングを「抱いてやってもいい」発言をしている「客人」ってだれなんですか…。おれはだれのものにもなりません、って笑って言ってますけどキングはその存在を知っているんですか…。男のキングを抱くって、え、そういうこと?って思ったのですがでもクラブスレイジーってお客さん女性限定だし、え?って2ですっごい引っかかったシーンでした。これはあからさまな伏線と捉えますけどいいんでしょうか!いいんでしょうか!


今後はブルームや戻ってきたアクトにトップとはなにかという教育をしたり、ニュージャックとしてせっせと働くピープスの様子を見にきたりすればかわいいなと思っております。あとたまにはオッズさんにもかまってあげてほしいなとも思います。


 


O:オッズ


Oから始まる名前はオッズ。絶対悪役だと思ってたあの頃のわたしを平手打ちしに行きたいです。

 

個人的に自分のまわりはオッズこじらせて帰ってくる人が多い気がします。かくいうわたしもしばらくオッズの魅力にやられて立ち直れない日とかありました。いやーやられた。完全にミスリードに引っ掛けられた感です。オッズはかつてのセカンドエース。トップエースであるキングのライバルでした。
キングの背中を追いかけていたはずだけれど、ほんとはトップであるキングを支えていることに喜びを感じていたセカンドエースでした。この言い方が合ってるかわからないけど彼こそセカンドエースがぴったりなセカンドだと思います。オッズはセカンドエースなわけで、いまのスレイジーのセカンドは一応ブルームが兼任?しているわけで、そんなわけでわたしはセカンドコンビがだいすきです。支配人も入れて歴代セカンドトリオがもっと好きです。幽霊幽霊~と絡みに行くブルーム落ち着け…となりますが、最後のほうは打ち解けたようでAtoZで仲よく背中合わせしてみたり捌けるときに「おばけだぞ~」とオッズから話しかけたり肩組んでみたりと歴代セカンド先輩後輩の関係とってもかわいいです。そして支配人とオッズの関係も、どことなく支配人はオッズに気を遣っているように見えるので「セカンドエース」という立ち位置に思い入れがあるからこその扱いなのかなとも思います。スレイジーのテーマのときのオッズのソロパートを聞いて満足げにうんうんと頷く支配人がとても保護者のようでわたしは好きです。


そしてクールビーとの関係。7年ぶりに戻ってきた直後でなんやかんやよきおにいちゃんみたいな振る舞いをしているからすごいなと思いました。7年間空いてしまったけどそれを感じさせない物腰。やはりオッズ心広すぎ。クールビーもまんざらでもなさそうで、二人の積み重ねてきた師弟の時間の濃さを噛み締めます。クールビーがフライとグラフに優しいのはオッズにそう育ててもらったからだと思っているので、オッズおにいちゃんの教育を見てみたかったなという気もしています。最後サヨナラの途中でブルームにちょっかいかけようとするクールビーを捕まえてこらこらって叱るオッズがとってもお兄ちゃんなので師弟かわいいです…。あとさいごのサヨナラでクールビーがジャケットに腕を通すところを見つめているオッズ…という演出があるのですよと演出家さんがツイッターでおっしゃっていたのでぜひDVDに収録しててほしいなっておもいました…ニコ生だと夜公演のほうのみその場面が映ってました。俺の後輩がこんなにも大きくなったのかって思ってるのかと!おもうと!オッズせんぱいの懐の広さとか心の大きさとか無限大。余談ですがニコ生は夜のほうがオッズとクールビーの絡みをたくさん入れてくれてたきがします。カテコでオッズがクールビーの頭をわしゃわしゃってするのもちゃんと入ってひえ~ってなりました。ありがたや。

 

AtoZのときのオッズソロがとてもノリノリで好きです。わたしもいっしょにおっおーしたい。ラブスレでやらせてくれるでしょうか。元々1ではブルームとディープが好きだったので、オッズがわりとディープのソロパートを歌っているとそれだけでそわそわしてしまいます。しかもだいぶアレンジが変わっていてこっちもかっこいいなあとしみじみ。おっおーしているみんながかわいいです。あとスレイジーのテーマの「目と目が合うだけで~」が目からビームみたいな振りになっててオッズさんかわいい。一度目からビームだと思ったらもうそれにしか見えなくなってしまってどうしたらいいですか。

 

個人的オッズの見所はやはりなんと言っても最後のクールビーに向けての語りです。冒頭と似たようなセリフを言っているのにまったく違っていて、ここに至るまでの経緯を知っているからもうオッズの涙が見える。わたしシャーロックホームズだからわかるんです、オッズ心で泣いてる。ていうか実際泣いてる。オッズすごく涙もろくてすぐ泣き出すのほんと勘弁してほしいとおもいました。つられるから。泣くのはいいけど鼻水すするまで泣くなよとも思いました。でもそれでも美しいからすごいなあ。冒頭、あんなにも悪い人っぽく出てきたくせにほんとは…というのを考えるとやられた!って素直に思いましたし、ただただ涙声の「キングがいないとダメなんだ」を聞くたびにどうしてこうなっちゃったんだろうオッズしあわせになってくださいとこちらも涙します。この状況で7年間過ごして、最後キングのバックでもう一度歌おうと思えるオッズの心の広さが意味わからなくてすごい。

 

そしてソロ曲ちょうかっこいいです…ちょうかっこいい。イントロのばーん!っていうのが不意打ちで大音量でくるので毎度びくってなりますがそのときに腕を勢いよく上げるオッズちょうかっこよくてかっこいいです。語彙力不足。ニュージャックが叫ぶとこすきです。マイクオフだけど割と声聞こえました。歌いながら足ばさって組むとこほんとかっこよくてわたしさっきからかっこいいしか言ってないなあ。ちょっと短めで残念です…フル?というかもうちょい長めで聴きたかった感もありますがとにかくかっこいいです。


あとオッズさんめっちゃいい香りするしめっちゃファンサがすごい。何度もあの笑顔に打ち抜かれました。香りはれいちぇるさんがツイッターで教えてくれていてありがたかったです。レイジーの香水発売されないかなあ。