つれづれと

雑食おたくが綴る感想やら独り言やら写真やら。

【雑記】CLUB SLAZYについて その5 F/G/H/I/J

・CLUB SLAZY
2013年9月25日~29日/新宿フェイス
・CLUB SLAZY The 2nd invitation ~Sapphire~
2013年12月6日~15日/全労済ホールスペースゼロ

 


クラブスレイジーについて語る記事、気が付けばもう5回目です。5回もやってるのに終わりが見えないのすごいなっておもいます。まさに底なし沼。
ラブスレまであと1週間となってしまったのでもうどきどき通り越して変な汗が出てくる時期になってきました。そんなきょうは一気にニュージャックの皆さんです。

 


F:フライ

Fから始まる名前はフライ!フラーーーーーイ!!!!ハイ!!!フゥーーーーー!!!!!

KLMNという4つの階級(+支配人)という構成のクラブスレイジーにおいていちばん下っ端なのがNのニュージャック。そのニュージャックのひとりであるフライは元気はつらつおニューなキューティーボーイのハーフです。紹介が雑。クラブスレイジーにはどうやら教育する係と教育される後輩、という関係があるようで、フライの教育係はクールビー様です。そのせいでフライはクールビーを尊敬していて言動を真似してるとこもあるっていう設定があるらしくてなにそれかわいいなって真顔になりました。なにそれかわいい。クールビーとフライ、そしてグラフの関係性がとても好きで、特に2を見てからその好き度が増しています。クールビーはオッズといういい先輩に育ててもらって、そこで彼にもらったもの、彼から吸収したものをフライやグラフに伝えてあげていて、それを受けて後輩たちが成長していくというその流れがいいなあって思います。ニュージャックだったころのクールビーを思うとフライやグラフに偉そうにしている彼もまた愛おしい。あれ、いつのまにかサードスターの話になっている。そういえば1でニュージャックは支配人につくかヤーにつくか?という選択を迫られますが、そのとき支配人側についたのがフライとグラフだけだったりしました。それってなんでだろうって考えたときに「クールビーさんがいるから」とかだったらどうしようかなって。テンション上がっちゃいます。

主な仕事はショーの裏方やバックダンサーであるニュージャックのフライもまたダンスをするのですが、どちらかというと彼の見せ場はアクロバットだったのかしら?とおもいます。がしかしピープスという超大型新人によってその地位も脅かされるのでは…と思ってます。がんばれ、ちょうがんばれ。

フライはグラフとセットでなんやかんや言われることが多くてわたしもいま無意識のうちに「フライとグラフ」って表現を使ってますがふたりでひとりじゃないです~などと言いつつやっぱり行動を共にしているところはかわいいです。ちょっとフライのが子供っぽいのがいい。殴り合いがいちばん!とかとても青春らしくていいですね。何歳くらいの設定なのか。あと子供っぽいのにセンスが古いのはなぜだろう。そして子供っぽいのにいざってときはグラフよりも胆が据わっているのではないかなと思いました。

ソロ曲は残念ながらありませんが2のリトルクールビーでは見せ場がありましてよかったなっておもいました。教育係としてのクールビーの背中を見つめるフライのまなざしがまっすぐでそして彼を見送る表情が柔らかくてとてもすきです。フライはクールビーにたくさんお世話になっているんだろうけれど、クールビーもまたフライやグラフという教え子たちになにかをもらったり救われたりしているんだろうなっておもう場面です。教育係制度すばらしい。

ラブスレいないの残念すぎるのではやく戻ってきてください。それだけです。切実に、それだけです。癒しが足りない。

 


G:グラフ

Gから始まる名前はグラフ。雰囲気眼鏡大先生。

グラフもまた、フライと同じくニュージャックのひとり。ダンスを中心にパフォーマンスするニュージャックなのでダンスが得意なグラフはあえてその位置にいるのかなと思ったりもしたのですがでも本人はやはりレイジーを目指しているらしくてがんばれ!がんばれ!ってなります。見た目は金髪+メガネであだ名?は雰囲気眼鏡。って呼ばれるとキレるのかわいいしそれをたぶんわかっていてさらっときみはほんとうに雰囲気眼鏡ですねえ~って言っちゃうQちゃんとの関係性最高にかわいいです。Qとの関係と言うとクラブスレイジーの上下関係はKLMNの順番と言うことでMのミスティックであるQはNのニュージャックのグラフたちより立場が上、ということらしいので、いつもいろんなひとにはいはいと従っているような何でも係Qちゃんが唯一強気にいじめに出るのがニュージャックで、しかもそのいじめをわりとグラフやフライにぶつけているかんじの関係ほんっとうにかわいいなとおもいます。さっきからかわいいしか言っていないですけどほんとうにかわいいとおもいます。2でグラフは字が汚いことが判明しますがきっとQはそのネタでしばらく楽しむんだと思います。いいストレス発散になってそう。

雰囲気眼鏡ですがグラフのダンスはとんでもない。なんかもう、指先ひとつとってもあっぜんぜんちがうぞってド素人のわたしが見ても思います。ステップちょっと踏むだけでも、歩き方も、なんかすごい、すごい。グラフを演じている後藤さんがなんかもうすごいダンサーさんだってことはスレイジーが始まる前に別の作品で拝見していて重々承知しているつもりでしたが、でもやっぱすごかったかっこよかった!衣装やら照明やら音が変わるとまた全然ちがった印象を受けるのですね…。感想見てるとけっこうグラフがダークホースで「なんだあの眼鏡…」って言われているのがすごいなあって思いましたがでもしかたない目が行ってしまう。ほんと、先ほども似たようなことを言いましたががっつり踊れるニュージャックという立場にずっといてもいいのになあって思うのですがでも歌って踊れるレイジーを彼は目指しているのですね。がんばれ。そしてグラフは貫禄とかから言ってもなんとなくニュージャックのリーダーぽいです。なんとなく。だからもし、もしこの先ニュージャックからレイジーに昇格するひとが~なんて話が出たら選ばれるのはグラフなんじゃないかなって。

あとここに書くべきか悩んだのですが項目を作るつもりはないので触れておきますけど「影」と「彼女」もグラフを演じた後藤さんがやっているのが~!もう!魅力的!人間歩き方ひとつであそこまで変わるんだなっておもいました。特に彼女のときの立ち振る舞いがだいすきです。彼女から影に変わるところもあるのですがそこもなにも衣装とか変えてないのに伝わってくるのがほんとすごい。すごいしか言えない。

こちらもソロ曲はありませんがやはり2のリトルクールビー、あとは個人的にいろんな曲で踊っているグラフがすきです。あなたは知らない、ガーネットスター、クレイジーガール。あとAtozとか。グラフだけ別の踊りだったりソロがあったり目立ってたりなんていろいろ中心にいることが多いのでついつい見てしまいます。AtoZでニュージャックたちに声かけるのがグラフってのもまたリーダーぽい!

こちらもまたラブスレにいないのさみしすぎるしいろいろ物足りなさすぎるので必ず戻ってきてください…FGセットで戻ってきてください…たのむ…

 

H:ホップ

Hから始まる名前はホップ!みたいな自己紹介なかったの悲しいです。ここからのニュージャックはみんなそういうのなかったですね、セリフなかった人もいるもんね…

ホップは1にも2にも登場しているニュージャックのキャラではありますが、1と2で演じている方が違います。これは「ホップ」という名前を別の人が継いだのか、それとも同一人物と考えていいのか、と頭を悩ませていますがでもいなくなったひとに直後に同じ名前をつけるようなシステムではなさそうなのであくまでホップはホップ、顔がちょっと違うけど許してね☆ってことなのかなって思ってます。これはJのジギーにも言えることですね。

1のホップはやかましいやんちゃ系、2のホップはにこにこかわいい系だって勝手に思ってます。2のDVDが手元にないので2についてはどうかわかりませんが1のDVD特典の田中さんのやかましっぷりなかなかに好みです。

 

I:アーイ

Iから始まる名前はアーイ。最初「I-ght」でなんて読むんだろう?って首を捻ったくらいには英語が苦手です。

アーイはフライ、グラフに続き1にも2にも出演しているニュージャックです!うれしい!パンフによると美しさを好むとありましたが立ち振る舞い的に紳士そうだなとおもってます。紳士そうだけどスレイジーにいるってことはなにかしら抱えていることがあるのかなとかおもうとますますいいなってなります。

アーイはわりと台詞がちゃんとあるイメージがあり、淡々と語る口調が印象的だったりします。ラブスレいないのさみしいです。またちゃんと戻ってきてくれるのかな~。

 

J:ジューク

Jから始まる名前はジギー!J以降のニュージャックは現在いません。と思ったけどピープスが加入したらだいぶアルファベットが飛ぶことになりますね。

ジュークもホップと同じく1と2では演じている人が違います。でもホップで述べたのと同じようにおそらく同一人物扱いしていいのだろうなと思ってます。1のジュークはしゅっとしてて2のジュークはふわっとしている印象あります。印象。

1ではジュークを演じた松本さんがアイボールも演じているので声をしっかり聴くことができるのはうれしいです!

2でジュークを演じた池口さんはラブスレに参加してくださいますが果たしてこれはジュークとして、なのでしょうか?特に役名は書いてないので名無しのダンサーさんということになるのでしょうか?

 

J:ジギー

Jから始まる名前はジギー。ひとつのアルファベットに人はひとりのみ、という個人的なスレイジーの仮説を見事に打ち破ってくれたニュージャックのひとりです。もうひとりはジャスパーさん。
ジュークとジギーとジャスパー、Jが3人いるのはまあ人数の都合上なのでしょうがでも同じアルファベット使っていいんだ~!って思いました。ニュージャックだから許されているのでしょうか。

わりとワイルド?系だなって思ってました。オフマイクでも聞こえる声量すばらしいよ!レイジーやニュージャックを並べてみると「あの人」の好みってばらばらですね。


J:ジャスパー

Jから始まる名前はジャスパー。彼もまた「J」から名前が始まっているのでJを持つパフォーマーは同時期に3人スレイジーにいることになります。それでいいのか。Jだけ特別とかなのか。

そして1では「ニュージャックは5人」と言われていましたが2でこのジャスパーとジギーがしれっといることで5人体制のニュージャックが崩れてしまったことになります。1~2の間にあとふたり連れてきたのでしょうか。

ジャスパーを演じたKENTAROさんもラブスレに出演されますがジャスパーではないのかな。役名書いてないもんな。

 

 

というわけで一気にニュージャック全員についてだらだら話しましたがDVDのニュージャック(+ヤー様)の座談会が予想以上におもしろかったのでああいう企画をもっともっとやってほしいです!目立つのはストーリーのメインを担い歌って踊るレイジーたちかもしれませんがニュージャックもたける大先生の元たくさんダンスの練習をして本番までにパフォーマンスを仕上げてくれたのだよな~などと当然のことをしみじみと考えてしまいました。だからこそ、続編ではまたニュージャックのみんなも揃って戻ってきてほしいですしなんなら1に出て2には出なかった田中さんや松本さんも戻ってきていいんですよ~って思ってます。なんやかんやでなかよしニュージャックがかわいい。