つれづれと

雑食おたくが綴る感想やら独り言やら写真やら。

【感想】『弱虫ペダル』インターハイ篇 The Second Order(2014.03.13)

弱虫ペダルインターハイ篇 The Second Order
東京 天王洲 銀河劇場 2014年3月13日(木)~3月16日(日) 
埼玉 埼玉県 熊谷会館 2014年3月20日(木)~3月22日(土) 
大阪 シアターBRAVA! 2014年3月26日(水)~3月30日(日) 
出演:村井良大大山真志 廣瀬智紀 太田基裕 鳥越裕貴/郷本直也/滝川英治 鈴木拡樹 北村諒 宮崎秋人 河原田巧也 植田圭輔/染谷俊之 桝井賢斗/村田充 ほか 


行ってきました、ペダステ。ペダミュじゃないよ。ペダステ。初めて行ってきました。存在やらなんかすごいらしいってことやら噂やらは知っていたけれど一度も見たことがなく、しかしいいよ!いいよ!ペダル沼たのしいよ!という周りの大プッシュにまんまと引っかかり作品に触れてみたらおやこれは…と見事に転落、原作買い込んで立派な今泉くん親衛隊となった沼ド新規人間です。いままでの舞台作品のDVDは原作読破後に購入して鑑賞していたのですが、今回初めて生で見てみて、当たり前なんですけどやっぱり家のコタツに入って見るのとはちがうなと思いました。当たり前なんですけど。というわけでとにかく今回が生でペダルに触れるのが初、という超初心者の感想やらなにやらなのでもしなにかご無礼があってもいろんなこと大目に見ていただけるとうれしいです、という予防線の前置きでした。

 

 

では以下あらすじとか、展開とか、レポみたいなかんじとか、もろもろネタバレ注意です。

 

開演前に作中で使われている曲がずっと劇場内に流れていたのですが開演前アナウンスが終わりヒメヒメがだんだんフェードアウトしていっていよいよ!ってなったところで客席からわーって拍手が巻き起こったのがすごかったです。待ってた!って意味の拍手だったと思うんですがすごかった。

インハイ2日目!3日間あるうちの2日目はいちばん過酷とも言われている区間。全国から集まった自転車乗りたちがトップを目指してペダルを漕ぎます。小野田くんがママチャリに乗って出てきて「あ、通学用です^^」と客席へ言ったり、田所さんがグリーンゼッケンと花束を持って「あ、オープニング用です^^」と言ったり最初からフリーダムでした。客席と舞台上との距離が近くなったり遠ざかったりという距離感の魅力をいろいろと感じた公演でしたが冒頭からそれががんがんぶっこまれてきた感じでした。特にレースが始まってしまうと全力の悪ふざけ!っていう箇所は…まあ…あるけれど、あるけれどしかし前半に笑いが凝縮されていたかんじがあります。
しかしみんなで一団になって走るのはそれだけでかっこいい。ここでああこれがペダステなのか…と圧倒されました。そこからの今泉くんと鳴子くんによるスピード感のあるいままでのあらすじ、で本当にあっという間にこれまでのあらすじがおさらいできました。よくまとまっていた。1日目は3校同着1位。そして現在…ということで舞台は箱学の泊まっている旅館へ。ジャージが履けない部長の「XLサイズを用意しとけと言っただろう!」という文句に「いいから早く履けよ」と冷静な新開さん笑いました。そして見どころ?は自動販売機だった。京伏のエースと部長そっくりな自動販売機さんがせっせと仕事をしていてそちらに目が釘付けですみませんでした。炭酸を全力で振るみどくん自販機。注文された飲み物を蹴って渡すみどくん自販機。あの自販機家にも欲しい。一方総北の旅館には水田くんそっくりな自販機が。仕事が雑だと言われてました。今泉くんがウサギTシャツ着てるの見て、わあ今泉くんだ~などと単純にうれしくなるたんじゅん。鳴子くんトラ、巻ちゃんヤギ。揺れている今泉くんを心配する小野田くんの周りを支えてくれる鳴子くんがかっこよくて、巻ちゃんが芯のある立ち位置で、ああ総北だなって。さっきから頭のわるい感想しか言えていない。
金城さんと福富さんの会話がここに入るのか、となりました。たしかに2日目のまえにお願いを言っておかないとだめだもんねとは思いましたがそれにしてはタイミングがぎりぎりな福富さん…(笑)

2日目が始まります。現れた親衛隊たちに客席から歓声上がってました。巻子ちゃんかわいいちょうかわいい。今泉くんの最近のブームは消しゴムのカスを集めてねりけしにすること!ギャップー!目つきからのギャップー!そして出てくる箱学側の親衛隊。委員長はかわいい。東堂ファンの女の子が「東堂さまが不安な顔をしていらっしゃるわ!受け入れてもらえるか不安なの!?」と中の人の北村さん的なネタを言っていてそれに対して巻子ちゃんが「大丈夫、わたしも半年前同じ気持ちだったから…」って肩を叩いてあげるのがとても盛り上がってました。ぶっこまれる中のお方のネタたち。初登場の石垣さんも別の場所で現れたのですが、い、石垣クゥンだ…ってすごい震えました。すごい。


ここらへんからエピソードごとにまとめての感想になりますので時間軸ごっちゃです…。


スタートが切れない田所さん。原作でここ読んでてすごくつらかったので見るのも気合いがいるぞ…などと思っていたのですが前半はほんとに気合いが要りました。田所さんが追いかけてこないことに気付いたときの巻ちゃんの絶望したようなでも直後に悟ったような声も、鳴子くんの悲痛な叫びも胸に刺さりました。でもそのなかで小野田くんのまっすぐな言葉が、すごく救いのようになって、小野田くんがしゃべるとき彼にピンスポが当たるんですがその光景がすごくああ小野田くん主役だ、主役なんだ、彼は田所さんを助けに行くだろうって確信として映りました。そのあと坂の上に立っている小野田くんがもうかっこよくてかっこよくて、主役だ!主役!!!ってなるんです、小野田くん主人公だった。でもエピソードによってみんなが主人公になれるのがこの作品のすごいとこだと思っているので違う場面ではまた別の人が主役だ~って見えるマジック。そしてファンも先生も待ち望んでいた?田所さんのヒメヒメが聞けて大満足でございました。字面だと想像しなければいけなかった照れという感情がビシバシ伝わってくるから声ってすごい。そして音があるとヒメヒメはたくさん聴いているしいろいろなところで使われているから観客も想像しやすいってのがすごいなと思いました。サビのところループで~ダンシングのところとかとくに。しかし田所さんのヒメヒメもかわいらしくてよかったです。漕ぎながらちゃんと踊るのかわいい~。客席は手拍子するの?しないの?みたいな空気だったんですが小野田くんが手拍子していいよ~みたいにしてくれたからしてるひとが多かったかな。つらいシーンだったはずなのにいつのまにか自分も田所さんと同じように救われていたことに驚き。小野田くんの笑顔とヒメヒメの力すごい。最後総北に追いついたとき、わたしも田所さんといっしょに泣きました。隣のおねえさんなんて嗚咽あげて泣いてました。また逆光の使い方がずるいんだ、ずるい。そして田所さん歌うじゃん、ずっるい。6人そろったこのチームならなんでもできるなって思いました。ジャージは6枚揃ってこそ意味があるんだという言葉が身に染みて伝わってきた場面でした。


新開さんVS御堂筋くんのスプリント勝負。ここはもう新開さんのターン!って気がしました。箱学では全体的に新開さん大活躍な印象のある2日目でしたが舞台もそれに漏れずなかんじでした。もちろん御堂筋くんもたくさん喋るし、走るし、進化をしていくのですが新開さんの葛藤やトラウマがすごい丁寧に描かれていて主役みたいでした。左から抜けないというトラウマを克服しようと足掻く新開さん。鎖に繋がれているという表現でハンドルをつなげて鎖を作り出しているのがすっごい…ってなりました。ほんとうに繋がれていた。あとはもう直線鬼になった瞬間がすごい。鬼でした。御堂筋くんのゴールシーンどうやって表現するのだろうと思ってたのですがちゃんと表現されていたのにもすっごい…ってなりました。そういう表現方法にびっくりさせられることだらけ。ただこれ狭いコースを走っているよっていうのもっとわかってもよかったのかなとも思ったのですがしかし勢いでやられてしまいました。すごい勢いのある一騎打ちでした。そしてそのあと箱学のいちばんうしろに力なくつく新開さん、それを心配する泉田くん。お荷物は置いていくという言葉を残し山を登って行ってしまう金城さんと東堂さん。箱学もうだめかも、って本気で一瞬そう思ってしまいました。泉田くん視点だとほんとにだめだとおもってしまうあれは。けれどそのあとの挽回、そしてアシスト封じからの本当のアシストは…という流れでもう新開さんかっこよすぎるよ!!!もう!!!ってなっちゃいましたたんじゅん。ほんとたんじゅん。新開さんがひらばさって飛ぶのが最高かっこよくて惚れます。


悩める今泉くんの図。インハイ1日目で御堂筋くんに完敗して、それまでずっとミドウスジミドウスジ…って一心不乱に御堂筋くんに勝つことを目標に走ってきたのに、その心を折られての2日目。うつむいている姿が多かったのが印象的でした。走る理由を失ってもう走れないと止まってしまう今泉くんを引っ張り上げる金城さん、離れているけれど遠くから支えてくれている小野田くんや鳴子くんの存在、そういうものが今泉くんの走る理由になって、一度だめだって思ってからなんとかふらふらと走り出す今泉くんが一瞬でも気を抜いたら倒れてしまいそうで、その倒れてしまいそう感がすごくびしびし伝わってきて今泉くんがんばれ、がんばれ、だいじょうぶひとりじゃないよ、って祈ってしまいました。けれど終盤、小野田くんと出会ったときから、ほんとうは出会う前からずうっとあれだけ御堂筋を倒す、御堂筋に勝つ、そう言っていたひとがふっと気が付いたように「御堂筋なんてどうでもいい」と言葉を零すシーンが、なんだかすごく神々しく見えました。照明の力ってすごいなと何度も思い知りましたがこのシーンもまた然り。舞台上にひとり残された今泉くんがどうして自分が走るのかと悟るここがとにかく神々しかった。でももっと印象付けるようにやってくれてもよかったのになって思ったのはたぶん今泉くんが好きだからそうおもった贔屓目から来る欲な気がしますし、あとは前半の絶望しきった今泉くんのターンが長くてちょっと見ていて心が痛かったというのもあります。でもここで再び前を向いて走り出せる今泉くんかっこいいですしここから2日目のラスト、そして3日目へとまっすぐでぶれないもう揺れない今泉くんに繋がっていくんだ…と胸が熱くなる場面でした。さいご箱学京伏に追いつき、小野田くんを支えるところはうしろのほうでやられてしまったのでおお、遠い、おお…!ってなってちょっとだけ残念でした。あれはもっと真ん中で見せてくれてもいいのよとも思いましたが箱学→京伏→総北って並んだ構図はさあクライマックスだ!という景色でだいすきなのでしかたがないですねとおもっておきます。そこでそれぞれの学校がぐわわわと進んで行くところで巻ちゃんの登りを見てわちゃわちゃしている一年トリオとかそこに参戦する田所さんとか鳴子くんの必殺技のときちらちら訝しげに彼を見る今泉くんとかロケットのカウントダウン音とか一気にたたみかける明るい(重要)出来事がどんどん畳み掛けてくる様子が見ていてああ総北っていいなあと何度も思いました。まとめとしてはとにかく今泉くんがかっこよかった。


アシストが好きです。2日目は「発射台」であるそれぞれの学校のアシスト3人の三つ巴の戦いが見られるのですが「エースのために」というただそれだけで全力で走りきるアシストが好きです。前述のとおり新開さんかっこいい。今泉くんかっこいい。じゃあ石垣くんはどうかというとこれがまたかっこいい。そうだペダルキャラみんなかっこいい…。石垣くんの葛藤が丁寧に描かれていたのも印象的でした。御堂筋のやりかたは間違っている、去年までの楽しかったチームに戻りたい、でも勝ちたい、勝ちがもう目の前まで来ているっていう葛藤が、びしばしと伝わってきて、すごく魅力的なキャラクターなんだなと改めて思わされました。わたし基本的に主人公のいる学校だいすき人間というか主人公のいる学校をつい応援してしまう人間なのでどうしても総北がんばれってなってしまいながら原作を読んだのですが、舞台ではどこかで京伏がんばれ、がんばれ、ってなっている自分がいたかもしれないなといま振り返ってみて思います。そのくらい京伏が魅力的に見えました。水田くんもとても水田くんでアシスト封じおつかれさま…ってなりました。最後荒北さんとじゃれててかわいい。最後にゴールを目指す気持ちは同じだ、ということに気が付いて御堂筋くんを全力で引くことを決める石垣くんの覚悟もしっかりはっきりと描かれていて本編始まってからずっとちらちらと見せていた長い長い葛藤からやっと抜け出せたその決意の見せ方にやられました。そしてアシスト3人での戦いもかっこよかった。それぞれにスポットライトが当たって3人だけがぽっかりと浮かびあがるその構図がかっこよかった。そして発射台の位置!上手へと飛び出していくエース御堂筋くんがほんとに発射台から発射されているようで、上手側で見ていたんですがすごい弾丸だった。からのエースの戦いがもうかっこよかったです、長い長い2日目だったね、1年かかったね、おつかれさまです。金城さんと福富さんのエピソードはちょうどアニメでそこらへん見たばかりでしたしぐわっとくるものがありました。


そして御堂筋くんの話をさせてください…。原作を読んでいたときは正直、御堂筋くんの過去エピソードでは泣かなかったのです、耐えたのです。でも舞台では自分でも引くくらい泣いてこれはどうしてだろうと考えたときに、そこに御堂筋翔くんというひとりの少年がたしかに見えたからなのかなと思いました。2日目は終始御堂筋くんがレースを引っ張って、動かして、引っ掻き回してな印象がありましたが、とにかく御堂筋翔という人間の印象、存在感が強くなればなるほど最後のエピソードが効いてきてずっしり響くなと思いました。あと田所さんのところでもちらりと言いましたが声っていうものはすごいです。自分で文字を追って目から入れるのと誰かの声を耳から入れるのはぜんぜんちがうなと。そしてなによりあの高身長で手足のすらっとした御堂筋くんのシルエットがたしかに小学生の男の子に見えた瞬間があったのです。幻覚でもなんでもいいや、でも本当に見えた。舞台って客の想像力も作品の一部だなって思うことがあって、たとえばハンドルだけ持って走るけど自転車本体が見える気がするっていうこの舞台の基本もそうですが御堂筋くんの身長も、姿も、そして彼のお母さんという存在や病院という背景もなにもかも見ようと思えば見えた気がして、走ってないのにいちばん心に残った場面かもしれない、というくらいぐっさり突き刺さったシーンでした。御堂筋くんの喋り方も、照れるような口調も視線のそらし方もぜんぶぜんぶ愛に溢れていて、それに優しく返すまわりのお母さんの声も愛に溢れていて、あったかい空間でした。あったかくてだからこそ悲しくなる空間があの瞬間ぶわっと広がったのがほんとうに涙腺刺激されました。こてんと寝転がった御堂筋くんに幸あれと本気で思いました。そして歌…新開さん今泉くんずるい…歌…あの一連の流れがだいすきです。ふわっとあたたかい気持ちと切ない気持ちとが混ざりあうあの瞬間をまた早く味わいにいきたい。


それ以外にもそのたライバル校で熊本とか奈良とかみなさんおもしろおかしくてほっこりしました。熊本のもっこすもっこすうるさかったし東堂のそっくりさんのもっこす連呼もかわいかった。真波に似ている奈良の大粒さんは「ほんとは金髪で~す」からの「お経でも読むかい?」がずるすぎる。レースが終わったあとには総北みんなで自販機やってるのかわいすぎてあれまるごとお持ち帰りしたいです。DIVAは後半にも出てきてきゃっきゃしてますがDIVAからの総北3年生への早着替え?で巻ちゃんが足にスカート引っかかっちゃって苦戦してるのかわいすぎました。笑っちゃってた。3日目始まる前に小野田くんと鳴子くんへのところへ後ろの高いところから俺も混ぜろよってやってくる今泉くんを見てやっぱりスカシはそうじゃなくっちゃ!!!と謎の感動を覚えました。上から来るのとてもスカシてました…3人での根性注入尊いです。どうぞさいごまで走りきれますよう。
そして最後の最後はやっぱり小野田くんだな~って思いました。小野田くんはいろんなひとをじつはそっと照らしている…。あと御堂筋くんの歯が欠けたのちゃんと明言してもらってよかったなと思いました。

2日目最後、みんなが仲間と舞台から退場していく中で石垣さんが不安そうにあたりを見渡して一人で去っていくのが苦しかったです。そして翌日もひとり必死に御堂筋くんを探すところにやってくる石垣さん。俺はステージ6位やの叫びがとても切実で、その直後に現れる御堂筋くんがあんなに怖かったはずの御堂筋くんが救世主のように見えるあの場面よかった。しかもわたしは目線的に石垣さんと同じように下から御堂筋くんを見上げることになったので、それもよかったなとおもっています。御堂筋くんタオル被ってたけれど3日目はごくり…。


そしてカテコからのヒメヒメ!カテコはじゃれあうみなさんやテンションの高いみなさんで非常にたのしかったです。ヒメヒメ今泉くんばかり見すぎてしまいましたしかたない。ふにゃふにゃしてました。かわいい。


あと内容に関係ないんですがマイクがところどころ入ってなかったぽかったの悲しくなりました。一か所ならまだいいんですけど数か所で台詞の出だしが聞こえなかったのは声の小ささっていうよりかはマイクな気がしました。この先改善されてるといいなーと思っておきます。

 

 

感想なんだかなんなんだかわからないものになってしまいましたが、以上がわたしのペダステ初日のまとめです。本当にいろんなものが一気にぐわっと押し寄せてきてまた引いてつぎのものが押し寄せてきて…の繰り返しの二時間超でした。みなさんがこぞって見ろ見ろ進めてくださったきもちがわかりました。あれだけの内容をあれだけの熱量で勢いで長さでやるのはほんとうに大変なことだと思います。自分やれなんて言われてもとうてい想像つかないです。でもだからこそわたしは客としてそこから生まれるエネルギーやらそのたいろんなものをなるべく残さず零すことなく受け取りたいなと思いました。埼玉も行きますが、1度見て、いろんなことをこうして考えて、しばらく置いた後にまた違う会場で見られるっていうのがとてもしあわせなことだと思っています。たのしみにしてます。
あとはとにかく過酷な舞台でしょうが最後まで皆様が無事に走りきれますようお祈りしております。すてきな初日をありがとうございましたというきもちでいっぱいです。そしてなぜかこんなとんでもなく長くなった文章を読んで下さった方がいたらほんとうにありがとうございました。