読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれと

雑食おたくが綴る感想やら独り言やら写真やら。

【雑記】CLUB SLAZYについて その3 C/D

CSL

・CLUB SLAZY
2013年9月25日~29日/新宿フェイス
・CLUB SLAZY The 2nd invitation ~Sapphire~
2013年12月6日~15日/全労済ホールスペースゼロ

 

だいすきなクラブスレイジーを好き勝手話しまくる記事です。3回目です。続きです。1回目と2回目はこちら。

【雑記】CLUB SLAZYについて その1 - つれづれと

【雑記】CLUB SLAZYについて その2 - つれづれと


そしてDVDとCDがようやっと手元に届きましてごろごろ床を転げまわりながら見たり聞いたりしてます!座談会ついてると思わなかった!うれしい!!!たのしい!!!やっぱりみんな大好きではやくラブスレに行きたいな~と思うと同時にいまからラブスレが終わるのがすっごくこわいです。スレイジーおそるべし。今回もキャラクターについてだらだら語ります。前回の続きから。

 


C:クールビー

 

Cから始まる名前はクールビー。うさちゃんのようなおめめをしたマシンガンナルシストさまです。豆アレルギーってことが判明?してなにそれかわいいってなりました。


クールビーはスレイジーのサードスター。しかし3番手ではありますがトップエースであるアクトをライバル視していたり過去にはかつてのトップエースのキングを敵視していたりと常に上を目指しているひとで、いい表現をするなら向上心のあるレイジーです。そして性格はなにはともあれナルシストさま。人の言葉を自分の都合のいいように解釈し「頭がおめでたいんですね」という言葉になぜか「顔が作り物みたいですね?ありがとうそれは褒め言葉かな?」などと返してしまえるつわものです。またニュージャック、特にフライとグラフを自分の傘下に置き、自分を崇めるよう指導しつつきちんと教育をしつつそしてちゃんとかわいがったりもしているようです。


そんなナルシストクールビーさまでありながら、実はお店のこと、そしてなによりそこでいっしょに働く仲間のことを想っているという描写が1にも2にも出てきます。1では「俺には情がない、俺には涙を流せない」と言ったアクトに対して、そして2ではお客さんに恋をしたキングと、そしてそんなキングを支え続けたオッズに対して。どの人に対してもクールビーは全力で、そしてそれぞれの人のことを想っていて、それはどうしてかというとブルームやキングが劇中でも言っていましたがクールビーは誰よりも「人が好き」だからなんだと思います。俺様がいちばん!なんて態度をとっているけれど誰かと張り合っていかないと不安で怖くて、誰かと常に関わっていたくて、たまには誰かと喧嘩もしたくて、常に人のそばにいたいさみしがりやのサードスターさまがクールビーなのかなって。ブルームとは犬猿の仲ぽいですがこのちょっとしたじゃれあいもじつはクールビーが人と関わっていることを確認したいがために無意識のうちにやっていることなのかなとかも思いました。俺の方が上だとアクトにつっかかっていくのもそれは誰よりもアクトのことを認めているからで、そんなアクトを抜かすのは俺なんだと自分を鼓舞しているのかな~とか2を見たあとに思ったりもしました。


1では主にアクトと絡みがちょっとあったりしましたが、2はクールビーのお話!と言ってもいいんじゃないかなって個人的には思ってます。そのくらいクールビーが主役感出してました。7年前のことを語る時も、現代でその問題に立ち向かう時も、常に話の中心にいて常に悩んでもがいていたのが2のクールビーだったとおもいます。公演前に公開されたキャストコメントで米原さんが「クールビーが過去を振り返る所から始まる」とおっしゃっていたので覚悟はしていましたが予想以上に彼の物語をずっと追う形となってちょっとびっくりしたくらいです。店を出ていったキングやオッズを慕っていたクールビーのことを考えると残されたあと彼はよくひとりで踏ん張れたなあとも思いましたし、もしかしたらその直後にアクトやディープ(個人的にブルームはもう少しあとに来たイメージあります)が来て張り合える環境になって立ち直れたのかしらとか考えました。特にアクトさんという強大な敵の存在はきっと大きかったと思います。そうなるとよく1でアクトをしっかりと見送れたなあクールビー大人だなあとかそんなことも思ってしまいました。


2ではスレイジーの構成がだんだんと明らかになってきたところでクールビーもまたニュージャックだった時代があったと明かされたわけですが、これみんなニュージャック時代を経ているのでしょうか。エンドみたいにいきなりレイジーってのは例外中の例外なのかしら。ニュージャック時代のクールビーちょうかわいいです。いい子いい子したい。1のときからクールビーと支配人ってわりと仲良しだったり共通点があるよなと勝手に考察していたのですが、もしかしたらニュージャックからレイジーに昇格させてくれた支配人にどこか恩を感じたままなのかもしれないなとぼんやり。言葉づかいは一気に乱暴になりましたがクールビーは恩とかは忘れなさそうです。そして恩を忘れない繋がりだと彼は本当にオッズにあこがれていて、オッズにやってもらったことをすべてフライとグラフに教えてあげているんだろうなと思うとあったかい気持ちになります。口ではいろいろ言っていたけれどやっぱりなんやかんやオッズのことを慕っていて尊敬もしていたんだろうなと。
同時に二人を教育することは簡単なことではないと思いますがそれをこなしているクールビーはやっぱり人が好きで人を好きでいることが好きなんだろうと思うし、あんなぶっとんだ先輩を慕ってついていくフライやグラフを見ると本当に大切にされているのだろうなとしみじみ思います。お前たちが好きだとしっかり言葉にして伝えているところも、俺のかわいこちゃんと言って独占欲を出すところも、クールビーのあったかい人柄が出ていて、フライとグラフは愛されているなあと。いい教育係です。


そしてソロ曲ClazyGirlはぶっとんでてすごくすごくかっこいいです。曲中の台詞は米原さん自らが考えたと聞いたときはそりゃあもうテンション振り切れましてそれ以降そこの台詞聞く度に米原さん崇拝(?)が止まらないです。
1ではもふもふを付けて登場してその後「クレイジーガール!!!」と叫びながら投げ捨てていたのですが(それをそそくさと拾いにいくニュージャックが見どころでした)、2はもふもふをつけたまま歌にチャレンジしています。どっちもかわいい。ただ2はもふもふを振り回す振付が拝めるのでお得感。
「クレイジーガールで全力で叫びたいのでライブしてください」ってアンケートに心をこめて書いてよかったなって思ってます。というわけでラブスレたのしみすぎる。おまえらのセクシーボイス聞かせてくれって早く煽られたいです!叫ぶとも!あれ劇場だとやっぱり叫びづらかったです(笑)。


続編でアクトが戻ってきたら存分に張り合ってほしいなと思います。それか本気出したブルームに絡むのもいいかもしれない。どっちにせよ早く彼のライバルを連れてきてあげてほしいなと思います。

 


D:ディープ


Dから始まる名前はディープ!どうでもよくない浅く見えて実は深いフォーススターさん。


ディープはいろんなこと「めんどくさーい」って投げ出してしまう酔っ払いさんでした。こうやって書くと救いようがない。でも前半ずっとお酒の瓶持ってふらっふらへらへらしているようなつかみどころのない人でした。でも実はアクトに憧れと羨望と嫉妬のような感情を抱いていて、アクトのようになれない自分が悔しいと毎日感じているような、コンプレックスを抱えた人のようでもありました。なんでこんなふわふわした書き方なのかといいますとディープさん自身が語られる箇所が少なくていまだに「このひとなんだったんだ…」ってわたしがなることがたまにあるからです…。1でつかみどころのなかったブルームもいちおう2で出てきてまたいろんな一面を見せてくれましたし、クールビーも2でさらに深いものを教えてくれましたし、2には出ていないけれどアクトとエンドは1の話を動かす人たちだったのでまだいろいろ考えようがあるんですが、賑やかし要員(米原さん談)かつ2にも不在のディープさんはほんとにいろいろ謎です。1の最後にお店を出ていき2にはいなかったわけですが、頼むからとっとと戻ってきてディープさん…。


ディープは争いごとや面倒なことがきらいで、たのしいことが好きなようです。なのでソロステージやだーと思ったらサボるし、暇だと思ったらゲームで遊ぶ。わりと自由奔放に生きていそうなひとです。でもほんとは裏で悶々と悩んでそう、そんなひと。ゲームって言うのはブルームとの謎ゲームで、1はここが日替わりネタでもありました。ディープが「こあら!」ブルームが「らっこ!」と言って遠藤に振るこのシーンがわたしはだいすきでだいすきです…。ブルームのところでもちらっと触れましたがブルームが笑いすぎて目を逸らしちゃったときもありましたし、ディープが笑いすぎて「笑いすぎだよ」と突っ込まれた日もありました。このゲーム以外にもディープはブルームをとにかくべた褒めしたり、ブルームに大量の借りを作っていたり、ブルームといっしょにいたりこそこそ話していることも多かったような気がするので、ブルームとは比較的仲良かったのかな?と思っています。そういやブルームにびしっと「ずっとここで見てたくせに」と言うのもディープの役目で、もしかしてブルームの教育係がディープだったのでは…などという読み。でもそうしたら自分が教育していた後輩にあっさりセカンドエースになられてそれこそコンプレックスは刺激されないのだろうかとか思ってしまいます。あとブルームとの絡みだとブルームが薬飲んでるところを介抱していたり(気になってた薬の謎がDVDで明かされて大歓喜でした)、ブルームのソロパートで彼の代わりに踊っていたり…といろいろと「ブルームのために」という立ち回りにも見えたのでけっきょく彼は何者なのだ…と頭を悩ませる日々です。ソロパートでいうとたとえばスレイジーのテーマでのブルームの「その瞳の幕を~」のとことか。DVDでわかりやすく収録してくれててありがたかったです、ブルームは踊らずディープが踊ってそれをブルームが見て笑ったりとかしてるのでやっぱりディープがブルームの面倒を見ている印象があったりします。やはり元教育係説を推したい…。


ディープが謎なのは性格だけでなくレイジーとしての立ち位置だったりもします。ステージをサボっている様子が描写されてますがあれでよくニュージャックに降格されないな~と。支配人はブルームに「耳たぶがふわふわじゃなかったらいますぐニュージャックに落とすのに!」と言っていましたがディープもそういうアピールポイントがあったりするのでしょうか?そして2でふと気づいたのですがもしかしてディープって唯一支配人に「くん」を付けられて呼ばれているレイジーでは…などと思ったのですが偶然でしょうか、偶然ぽい。でももしかしたらひとり贔屓されてたりかわいがられてたりしたらかわいいな~などと思っています。ディープはああ見えて古株そうなイメージもあります。古株だけどなかなか上に上がれない。がんばってもどうせだめだよなんてあきらめているけどでもやっぱりできない自分がふがいなくてくやしい、そんなかんじでしょうか。


そしてディープのソロ曲はレイジー唯一のステージではない曲でした。罰としてやらされた掃除で使っていたホウキを振り回しながら歌いあげた曲でしたが、あれをステージでも歌っているってことなのでしょうか…?でもそうだとしたらあまりにも「愛だって嘘」と断言してしまっていてスレイジーでこんな曲歌っていいのかしら?と思ったのですがいかがでしょう。もしあれがステージ曲じゃないとしたらなんなんだ~ってなるのでやっぱりステージの曲なのかなそれかステージ曲を一部変えて歌ったのかななどと真剣に考えています。そしてステージの曲じゃないならいつかソロステージのかっこいい曲をぜひ見せてほしいです。ぜひ、踊りもがんがん踊るような曲で、ぜひ。ラブスレぜひ。だめかな、ぜひ。


2では出てこないディープですが、お話上名前だけは何度か出てきます。Qちゃんの説明の中、ブルームが心配するときに呼ばれ、そしてまさかのピープスの衣装の話に。けっきょく2での新キャラでニュージャックだと思われていたピープスはスレイジーに潜入していた子だったというのがわかるのですがそのとき彼が着ていたのがディープの衣装。支配人が柑橘系の匂いでわかったそうなのでディープさんの香水は柑橘系かあ…と頭の中でめもめもしておきました。そもそも2でディープがいないのは自分の後輩となったエンドといっしょに店の外にビラ配りをしに行っていたからなのですが、そこでピープスはディープに出会ったらしくなんらかの方法で衣装を奪い取ったわけで、ということはディープさん無事か!?と2の初日ですごいハラハラしました。ピープスがけっこう喧嘩っぱやい人なので殴られたり蹴られたりひどいことされてないといいなと…そしてお守りのエンドなにやってんだと…。でもラブスレに名前があったのでひとまずは無事なんだろうなとほっとしてます。なにがどうして衣装を奪われてそしてなぜちゃんとお店に帰ってきたかいつか教えてほしいなーと思っていますよろしくおねがいいたします。あと1の最後の最後、アクトのために扉を開けてあげたあとエンドを顔を見合わせて出ていくのはつまり2へとつながっていることを表現しているわけなのですね、という。1の千秋楽で大山さんが教えてくださりなるほどなと。


なんやかんや謎だらけなフォーススターなのでまずはとっとと戻ってきてほしいです。ラブスレでたくさん歌って踊ってしてくれないかなってひそかに期待してますしまたブルームとこあら!らっこ!してほしいですおねがいします。あと彼がいてくれたからわたしはスレイジーに出会えたってことを思うとほんとうに感謝しかありません。だから続編ではぜったい戻ってきてくださいと続編あること前提の話しておきます。

 


とりあえずはここまでにしておいてまたDVD見て来ます!DVDありがたやありがたや!